[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2004年09月30日

新選組関係講演会・シンポジウム・イベント情報

■シンポジウム?(日野市)
10月2日(土)13:00〜17:00
講演:宮地正人氏
その後パネラーによるシンポジウム
出席者:宮地正人氏、佐藤智雄氏(市立函館博物館学芸委員)、西脇康氏(新選組研究者)、多田敏捷氏(浪士文久報国記事所有者)
ほか数名で、新選組を含めた話が催される(そうです)。
詳しくは遺跡調査会042-587-2441まで(となっているが、連絡がつかないらしい。閉鎖的なシンポジウムか?)

■シンポジウム(調布市)
「新選組−新選組研究の新たな地平を拓くために−」
日時:平成16年10月9日(土)10:00〜16:00
会場:調布市グリーンホール 小ホール(京王線調布駅南口から徒歩1分)
費用:無料(ただし資料代は別途)
定員:先着200名
主催:調布市「大河ドラマ新選組」まちおこし実行委員会
問い合わせ:新選組調布屯所 TEL0424−81−7308

■PEACE MAKER「鐡」声優トークショー万願寺屯所寄合談議(日野市)
ファン必見!!のPM関係豪華イベント
日時:10月11日(月)12:30〜
会場:新選組フェスタin日野万願寺メイン会場ふれあいステージ
出演者:小林由美子(市村鉄之助)、中田譲治(土方歳三)、斎賀みつき(沖田総司)
整理券が配られる予定(入場制限あるかも)

■古文書を読む会の佐々木早苗先生基調講演(日野市)
『名主彦五郎さんと新選組隊士からの手紙』
日時:10月11日(月)13:30〜15:00
会場:生活保健センター
費用:参加費500円
問い合わせ:佐藤彦五郎友の会

■小島政孝氏講演会(日野市)
新選組を支えた多摩の豪農〜新選組隊士慰霊碑建立について高幡不動尊境内にある殉節両雄之碑について、豊富な史料をもとに解説。
日時:10月16日(土)14:00〜16:00
会場:ふるさと博物館
講師:小島政孝氏(小島資料館館長)
定員:先着45人
問い合わせ:日野市ふるさと博物館 TEL042-583-5100
※すでに定員に達しているかもしれません。

beer
写真は、期間限定ブルーベリービール(発泡酒)。新選組フェスタin日野万願寺メイン会場で好評発売中。300円。最初はブルーベリーの香り、喉ごしはビール?とか。日野市はブルーベリーの産地でもあります。(写真は鈴藤さまご提供)


★以上の情報は、掲示板に書き込みいただいたものです。
posted by 六条 at 20:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源さんのどら焼き新発売![新選組]

日野の鈴藤さまよりいただいた情報です。

gendora

『大河でも人気上昇中の井上源三郎オリジナル商品が高幡まんじゅう松盛堂より「源どら」として新発売になりました。髭の源さんがカッコ良いです。

正式名は井上源三郎どら焼きです。三種類があるようです。黒餡・抹茶・餅入り100円〜130円で単品購入ができます。まだ試食していないので感想は書けませんが是非一度お試しください。

日野の新名物となる予感がします。発売の29日には井上家が早速購入されています。餅入りがお薦めのようです。』

きゃー、源さんもついにデビュウですね。
髭の源さんは、日野在住のイラストレーターとかげさんの作品です。
渋くてかっこいいのです。
これからは、日野に行ったときには、「歳三まんじゅう」だけではなく「源どら」も買わねば〜。
鈴藤さま、情報ありがとうございました。
posted by 六条 at 13:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月29日

箕輪 美佐子

下記のようなメールが来た。
最近流行り?の、間違いメールを装って、そこからメールのやりとりをし、怪しげなところに引きずりこむもの…だと思われる。
この手のメールに、親切心を出して、「こんなメールが間違って来ましたよ」と返信すると、自動返信でどんどんメールが来て面倒なことになるらしい。
世の中の善良な箕輪美佐子さんがお気の毒である。


メール差出人
箕輪 美佐子

メールアドレス
wishes_misako@yahoo.co.jp

件名
こちらでよろしいのかしら?

メール本文
美佐子です。 この前はごちそうさまでした。
言われたとおりのアドレスに送信してみました。 きちんと届いてますか?
posted by 六条 at 20:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahoo!でF1日本GP特集

Yahoo!でF1日本GP特集が始まりましたね。
うう、盛り上がるよ〜。
(キモチはすっかりもう鈴鹿)
posted by 六条 at 07:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月28日

「アイルトン・セナ展」名古屋で開催[F1]

セナの没後10年を記念して各地で開催されている「音速の記憶 アイルトン・セナ展」が、10月に名古屋で開催されるそうな。
セナの甥でフォーミュラBMWに参戦中のブルーノ・セナが来場し、9日には記者会見、11日には川井ちゃんとのトークをするそうです。(13時、15時)
8月に立川で開催されていたのに行ってきたけど、正直内容的にはそうたいしたことはなかったです。
が、セナを偲ぶにはいいかも。

会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ10階特設会場
会期:10月6日(水)〜10月18日(月)
入場料:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
主催:アイルトン・セナ財団、毎日新聞社

(写真は立川のときに買った図録)
Senna
posted by 六条 at 21:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RIMPA(琳派)展

東京国立近代美術館で開催中の「RIMPA展」に行ってきました。
今日は、後期の展示を見るために行ったのですが、平日にもかかわらずすごい人(汗)
会期がもうすぐ終了するってのもあるんでしょうけど、琳派は人気ありますね〜。
前期の展示を見に行ったときは、わりと空いていたんですけどねぇ。

今日の一番の目的は、京都の醍醐寺が所蔵している宗達の「舞楽図屏風」(写真)。
醍醐寺まで行かなきゃ見られないかなぁと思っていたんですが、今回出展されるってことで、もう絶対見なきゃ〜でした。
だって、醍醐寺の霊宝館って、期間限定でしか開館しないんですよね。

「舞楽図屏風」は、なんとも不思議な感覚を覚える作品でした。
本や写真では、踊りを踊っている人たちが、金色の空間に浮いているように見えるんですが、実物を見たら、ちゃんと地面で踊っているように見えました。
でも、妙に広い空間が、うまく言えないんですが、ちょっとキモチワルイ。
微妙にバランスが崩れている(崩している?)ようで、目が離せない…そんな感じかな。
でもそれが逆に“絶妙な配置”なのかもしれません。

他にも今まで見る機会のなかった宗達作品をいくつか見ることができて、前期展示のときと同じように、ゴッキゲンな気分です♪
(写真は、「舞楽図屏風」のポストカードを取り込みました。)
bugakuzu

10月には日本橋三越本店で「日本の美 『琳派』 2004展」が開催されるので、これまた行かなくちゃ〜です。
posted by 六条 at 20:21| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤琢磨F1『時の証 写真展』

都内に出るついでに、青山のホンダ本社ビル内のウェルカムプラザに寄って、「佐藤琢磨F1『時の証 写真展』」を見て来た。
写真展といっても、隅っこの方の壁に10点ほど、B・A・R Hondaのイベントに参加した際の写真のパネルが展示されていただけだったんだけど(汗)
。。。正直ちょっと期待ハズレ。
でも、マシンに乗っているときとはまた違ったリラックスした琢磨の表情がよかった。
琢磨はかわいいなぁ。
あと、大型マルチビジョンではプロモーションビデオが流されてて、それはけっこうGood。
マシンも展示されていた。
昨年の「B・A・R Honda 005」に今年の「B・A・R Honda 006」のカラーリングを施したモデルとのこと。ジェンソンバージョン。(写真OKみたい)
単に置かれているだけなのに、妙に嬉しいF1ファンなのだ(笑)
鈴鹿の前にはここに、ジェンソンも琢磨も来るんだろーな、きっと。
BARHonda

写真のマシン後方に板状のジェンソンが写ってるのだけど、これって等身大なんだろうか。
琢磨のもあったんだけど、だとしたら、琢磨ってちっちゃいの(笑)
で、あんなアグレッシブな走りをするんだから、スゴイ。
早く鈴鹿で琢磨の走りを見たいぞ〜。
posted by 六条 at 19:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大晦日が楽しみ(格闘技)

今年も格闘技3大会、開催のようですね。
「K-1 PREMIUM 2004 Dynamite !!」は今年は大阪ドームで開催らしい。
で、非公式ながら魔裟斗が出場の意向を示しているらしいし、さらに日本代表クラスの柔道家が出場とか…誰?誰? 気になる〜。
(個人的にはやはり井上康生に転向してほしいと思っているのだが、アテネがダメだったからね〜…)
PRIDEは「男祭り2」を昨年同様さいたまスーパーアリーナで開催予定のもよう。
今年はどんなメンバーでどんな対決が見られるでしょう。
そしてそして猪木さんは、なんと朝鮮半島の北緯38度線で「イノキボンバイエ」を開催する案を出しているとか…。さすが猪木さんです〜(笑)
北朝鮮では今でも猪木さんは人気があるそうですからねぇ。(切手にもなったんですよね、猪木さん)
しかし、またまたビデオ録画が困るよー。
お願いだから、3つが重なる時間をつくらないで欲しい。
ビデオデッキは2台しかないんだもん。
(昨年はとある裏技で3つとも録画したんだけど、ここには書けない…)
何はともあれ、単純に、大晦日、楽しみです。わくわく。
posted by 六条 at 02:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月27日

一級方程式(F1)中国GP

いやはや、終盤から目が離せない展開になりました。トップ争いだけでなく、いろんなところでバトルが見られて、初開催の中国の方々は一級方程式を大いに楽しまれたことと思います。
バリチェロ、キミちゃん、ジェンソンのトップ争いはチェッカーまでどうなるかわかりませんでした。
まず、勝負をかけたキミちゃんが思ったようにいかずに2位から3位に、ジェンソンはBARの作戦が成功して(今までハズレが多かったけど)3位から2位に、そしてバリチェロはミスもなく、きっちり仕事をして終始トップをキープ。
しかし差が僅かしかなく、1ミスで順位が変動する可能性があったので、目が離せませんでした。
14戦ぶり(でしたっけ?)に復帰したラルフは残念でした。怒ってましたねー。マクラーレンのガレージ前にマシンを停めるなんて、ああいうのアリなんでしょうか?
1年ぶりに帰ってきたジャックは、1年のブランクがあったわりにはいい走りだったと思いました。来季が楽しみです。
そして、エンジン交換でグリッド10位降格の18番手スタートだった琢磨は、ミスもなく、いい走りでしたね。6位入賞は、すごく頑張ったと思います。
エンジン交換がなければ…と悔やまれますが、鈴鹿に向けてますます期待が高まります。
HONDAよ頼むぞ!

しかし、今回のミハエルは、ダメじゃ〜ん…でした。
どうしちゃったんでしょうねぇ。
マッチのコメントのように、気が抜けてるとか、そんなようなことは、この人に限ってはない!と思いたいんですが、シューミネーターは存外普通の人なところもあるので、そうなのかもしれません。
否、案外若き日のようにアグレッシブに走りたかったのかも…あの強引なオーバーテイク。

何はともあれ、いよいよ鈴鹿ですっ!!
(写真は今年の鈴鹿のチケットの半券部分)
F1Japan
posted by 六条 at 02:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

F1中国GP予選

ラルフ〜、お帰り〜。
ジャック〜、お帰り〜。

ミハエル〜〜〜〜、なんでスピン?(涙)

明日は、ミハエルと琢磨がオーバーテイクしまくることを期待します。
posted by 六条 at 03:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K-1開幕戦

曙、やっぱり負けましたね。
まあ、あの身体じゃしかたないか。
1戦1戦いいカンジにはなってきているとは思うけど、もっと身体しぼらないとムリでしょうね。
でも、レミーはさすが昨年の王者。正面から堂々と戦いましたね。最後のハイキックは美しかったです。

今年一番注目しているのは、マイティ・モー。
あの身体であのスピードとスタミナ、同じサモア人のマーク・ハントのときのように台風の目になるかもですね。
応援してます。
サモアの人の迫力あるけどかわいい顔、好きですし(笑)

武蔵は強くなりましたね。精神的に。
もともと能力は高いのに、以前はアグレッシブさに欠けていて、応援する気になれなかったのですが、今の武蔵は応援します。
昨年準優勝して自信ついたのでしょうね、イイ顔になってきました。
頑張れ武蔵! 目指せ日本人初王者!

今回、どの試合もまずまず面白かったかな。
残念だったのは、イグナショフとゲーンノラシンの試合をハイライトしか放送してくれなかったこと。
曙の入場シーンはカットしていいから、あの試合をもっと見たかった〜。
今後ゲーンノラシンが、どこまでやるかも楽しみなのだ。
posted by 六条 at 02:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月25日

おはぎとぼたもち

ねこ(江戸)さんの、「ブログしましょう」という
励ましのお言葉に調子に乗って、始めてしまいました。
ので、試しもかねて「オハギ」にトラバックしてみます(笑)

おはぎ、私も好きです。
洋菓子系の甘いのはダメなんですが、和菓子系は好きです。
特にこしあんが…。
なにせ「赤福」の国の出身なもので(笑)

お母さまのお手製のおはぎ、いいですねぇ。
私の実家はむか〜し祖母が何度かつくったくらいで、
ほとんど自家製のは、というか、
おはぎ自体を食べない家だったので、うらやましいですぅ。

ところで、「おはぎ」と「ぼたもち」ってどう違うんでしょう?
呼び名が違うだけで、同じもの?
posted by 六条 at 16:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・食べること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

「エースをねらえ!」

昨夜放送の「エースをねらえ!」スペシャル、ビデオ録画しておいたのを今日見たのですが、あらビックリ。
桂コーチが登場したではないですか。
番組改編時期のスペシャル版には、スペシャルといいながら連ドラの単なる総集編でしかないものが多いのに(特にフ○TV)、一応宗方コーチの死後を描いてて、往年のファン(特に桂コーチファン)としては嬉しかったです。
まあ、原作とは似て非なるものではありましたが…(苦笑)
たしかに原作に忠実なセリフも多々出てはきましたが、根本的な部分が違うなぁと。
ドラマでは、ひろみと宗方コーチの絆が原作ほどには強くなかったので、桂コーチの役割が薄っぺらなものになってしまっていたのが残念でした。
原作では、桂コーチと出会ったことで、ひろみだけではなく、お蝶さまやお蘭、藤堂さんや尾崎さん、千葉ちゃんもより一層成長していくのですが、その姿がとてもすばらしく、ゆえに桂コーチは宗方コーチよりも力強い、大きな存在に感じたものでした。
原作を知らない方には、是非読んでいただきたいです。
30年も前の作品なので、時代背景やノリが今とは合わないかとは思いますが、作品の根底に流れるモノは、たぶん普遍的だと思うんですよね。
「魂と魂の結びつきの美しさ」とでもいいましょうか。まあ、そんなようなモノです。
少々気恥ずかしいのではありますが…。
posted by 六条 at 16:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。