[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2004年11月15日

「新選組!」第45回

源さん、死す

土曜日の夕方、同居人が突然聞くんです。「明日、源さん、死ぬの?」
うわー、できるだけ考えないように考えないようにしていたのに、そうダイレクトに聞くかー!?
そして、覚悟はしていたけれど、やっぱり涙なくしては見られませんでした。
見終わったあとは、しばし放心状態。
今朝、再度見直したのだけど、やっぱり泣いてしまいました。
山南さんときよりも、河合のときよりも、もっと悲しくて、つらかったです。

個性の強い試衛館のメンバーの中にあっては、地味で目立たない存在であった源さんが、実はみんなの支えであり、扇の要であったのでは…と以前から思っていたのですが、三谷さんは見事にそんな源さんを描いてくれて、とても嬉しかったです。
特に今回、近藤さんが狙撃されたことを知り、いきり立って仇をとりにいこうとする土方以下の面々を冷静な判断で押しとどめ、また、もしかしたら近藤さんが二度と刀が握れなくなるかもしれない(イコールそれは剣術家としての近藤勇の死を意味する)という山崎の言葉を聞いて取り乱す土方さんを「土方、落ち着け」と呼び捨てでどなりつける源さんに、私の思い描く源さんそのままの姿がありました。
もっとも近藤さんに対する忠誠心が強く、おそらく誰よりも狙撃犯を憎み、できればまっさきに仇をとりにいきたいのは源さんのはずなのに…。

そんな源さんは、「周平を頼む」という近藤さんの言葉を守るために(もちろん周平を我が子のようにかわいがっていたからでもあるのでしょうが)、周平をかばって銃弾に斃れたんですね。
「マトリックス」もどきのCGは正直どうかと思いましたが、源さんの最後の花道を飾るための演出、源さんの気迫を表現したものと受け取っておきましょう。源さんがかっこよかったから、許す。
(某TV番組で実験していましたが、銃弾を日本刀に向けて撃つと、なんと弾は真っ二つに斬れるんですねぇ。)
源さんの最期を涙で看取る隊士たち、中でも、「もっと強く抱きしめなくちゃいけない、魂が抜け出ていかないように。ばぁさんが言ってた」と言い、土方さんとともに源さんを抱きしめる島田、普段物静かで、あまり感情を出さない斉藤が、絶叫しながら狂ったように斬り込んでいく姿には泣かされました。

そして、源さんは、大阪城にいる近藤さんに、最期のお別れに行ったんですね…。
近藤さんにお別れしなくちゃ、源さんは死ぬに死ねなかったんでしょうね。
源さんらしい…。
それと気づいた近藤さんの、哀しみをこらえ、笑顔で源さんを送ろうとする表情、すごくよかったです。
この設定にも賛否あるかと思いますが、とてもいい場面だったと思います。

でも、楽しかったけど、江戸に帰りたかったという源さんの言葉に、すごくせつなくなってしまいました。
伝わっている話によると、新選組隊士だった甥の井上泰助(当時11歳くらいだった)が源さんの首と刀を大阪まで持って帰ろうとしたそうですが、あまりにも重かったため(子供の身には当然のことでしょう)、途中にあったお寺の前の田んぼに埋めたそうです。維新後、その場所を探しにいったけれど、どうしてもみつからなかったとか…。
源さんの首はもしかしたら今もどこかの土の中で眠っているのかもしれません。江戸・日野に帰ることがかなわないまま…。
そんな史実の話が思い浮かんでしまって、もう涙ぼろぼろでした。

源さんのこと以外では、朝敵とされてしまった容保公が気の毒でなりませんでした。
そんな容保公のために、今まで非戦論者だった近藤さんは、主戦論者になったのですね。
近藤さんがいつ主戦論者になるのかずっと気になっていたのですが、この時だったんですね。近藤さんの気持ちの変化、決意がとてもよくわかりました。
残念ながら、それはいずれ、旧幕府側にとって邪魔になってしまうのですが…。

他にも、戦闘を楽しんでいる左之、島田、斉藤さん、かっこいいよーとか、岩倉、錦旗もう作ってたのかよとか、林のじーさまのキャラヒドすぎーとか(笑えましたけど)、ドクター良順の「ナースです」いいぞーとか、いろいろ感想はありましたが、今回は源さんのことでいっぱいいっぱいです。
源さんを失った喪失感はすごく大きいと思いますが、気を取り直して、次回も楽しみにしましょう。つよポン(実はSMAPの中で彼が一番好き)の榎本もいよいよ登場するようですしね。


posted by 六条 at 18:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。