[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2004年11月22日

「リンダ リンダ」

昨日、山本耕史クン&松岡充クン主演の「リンダ リンダ」を見に行ってきました。
ネタバレになるといけないので、詳しくは書かないでおこうと思いますが、「オイシイ舞台だったなぁ」というのが、率直な感想。
山本クン、松岡クン、SILVAの歌をナマでたくさん聴けたのが、なんといっても一番。
3人ともさすがにウマイです。でも、SILVAの歌がちょっと少なかったのは残念だったかな。もっと聴きたかったデス。

面白いなぁと思ったのは、山本クンと松岡クンが2人で歌う場面、山本ファンは山本クンがいる方、松岡ファンは松岡クンがいる方を向くので、観客がどちらを見に来たか、はっきりわかること(笑)
私はもちろん山本クンを見てました(^^ゞ

「ブルーハーツ」の曲に関しては、私自身は特にファンではなかったので、懐かしいとか嬉しいという感慨はなかったけど、昔ファンだった人は涙ものかも。

芝居自体は、まずまずというところでしょうか。
3時間以上ある長い芝居(途中15分の休憩あり)だったけど、飽きずに楽しめたし、けっこう笑えたし。(が、「日野」でウケたのは、ほとんど私だけだった・・・。)

でも、確かに楽しくて笑えるエネルギッシュな舞台ではあったのだけど、作・演出の鴻上尚史氏が、いわゆる青春時代に何にあこがれていたのか、どんなふうに夢を持っていたのかが垣間見えただけでなく、中年になった今、老いることになんとか抵抗しようとしている…彼のそんな姿もちょっと見えてしまったりしたのは、私だけでしょうか。

「リンダ リンダ」
http://www.thirdstage.com/knet/lindalinda/pre.html


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。