[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2005年04月30日

タイガー&ドラゴン(第3回)

いやー、早速にパターンを変えてきましたねぇ。
気が抜けませんねぇ。

「茶の湯」を知らないからか?、今回、どういうふうに落とすのか、最後の最後(お坊さんの場面)まで全然わかりませんでした。
で、「茶の湯」を知っている人は、知らない人よりもっと楽しめたんじゃないかなぁと、知らない私は不安を覚えてしまいました。
もしかして、毎回テーマとなる落語を予習してから見た方がいいんじゃない?、知らないまま見ると損するんじゃない?って。
でも同時に、そう思うこと自体、すでにクドカンの罠にはまっているってことかも…とも思うのですが(^^ゞ

なんだか、クドカン及びキャストを含めた制作者側と我々視聴者とが真剣勝負しているようなカンジだなぁ。

すっごく思わせぶりに登場したジャンプ亭ジャンプ=淡島、意外にあっさり去って行きましたよね。
後々からんでくるのか、あれだけなのか、妙に気になります。
ちなみに淡島役の荒川良々サン、我が家では「キャプテン」と呼んでいます。映画「ピンポン」のキャプテン役を同居人がお気に入りなので(笑)

次回は森下愛子サンが登場ですね。
予告を見て、同居人ともども「出たぁ〜!」と大喜び。
IWGP」のかぁちゃん、「木更津キャッツアイ」の二代目木更津ローズ、どちらも爆笑で、大好きでしたもん(笑)


タイガー&ドラゴン公式サイト
posted by 六条 at 02:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

FBI 失踪者を追え!

この春から始まった海外ドラマ、以前から見ている「ER]」と「名探偵モンク2」に加え、「FBI 失踪者を追え!」も見ている。
舞台はニューヨーク。多くの人が様々なカタチ…誘拐、事故、自ら望んで…で、失踪するのであるが、一般に、失踪者捜索においては48時間という時間が生死の境の目安と言われており、FBIの失踪者捜索班のメンバーたちは、時間と戦いながら懸命に捜査をする…というようなお話。

このドラマのエグゼクティブプロデューサーは、「ザ・ロック」「アルマゲドン」などの大ヒット映画を手がけた、かのジェリー・ブラッカイマー。
ブラッカイマー作品には好きなものが多いのであるが、以前、科学捜査班を描いた「C.S.I」はなぜかノレなくて途中リタイヤした経験があるので、今回、警戒しながら見始めたのだが、5回を終わった段階では、なかなか面白いと思う。
「C.S.I」よりテンポがよいように思うし、「C.S.I」ほどご都合主主義ではなく(といっても最後まで見てないので偏見かもしれない…)、なんといってもタイムリミット要素が強いのが私好みである。

キャラもなかなかよく、中でもマイアミ警察からFBIに入局したという設定になっているダニーという捜査官がお気に入りなのだが、このダニー、マイアミから来たからなのだろうが、吹き替えが大阪弁なのである(笑)。しかも、かなりビミョーな大阪弁…。
吹き替えを担当しているのは、ジョージ・クルーニーや最近ではメル・ギブソンなんかもやっている小山力也さん。二枚目声だ。
が、最初、どうしても、ジョージ・クルーニーがうそくさい大阪弁をしゃべっているようにしか聞こえなくて(笑)、かなり違和感があった。
小山さん、京都のご出身のようなので、関西弁はOKだと思うのだが、普段標準語でお仕事をされているからか?…あのビミョーな大阪弁は。
しかし、回が進むほど馴染んでこられたのか、だんだん違和感なくなってきたので、そのうち気にならなくなるだろう。

実際のFBIに「失踪者捜索班」なるものがあって、ドラマのように必死に捜査しているのかどうかは知らないが、ドラマの中で行われている捜査方法は、アメリカで実際に行われている失踪者捜査の方法だそうなので、実際もそうなのかもしれない。
とすると、日本の警察の失踪者に対する対処とはえらく違うなぁと思ったりもするのである。

なかなかに面白いと思うので、機会があったら是非ご覧下さいませ〜。


NHK BS2 「FBI 失踪者を追え!」公式HP

ジェリー・ブラッカイマー関係作品はこちらをどうぞ
posted by 六条 at 19:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

BARバトン、表彰台剥奪?

サンマリノGPで3位になったバトン、最低重量違反の疑惑をかけられているそうですね。
サンマリノのスチュワードがレース後の車検でのレギュレーション適合の判断をした後、FIAはすべての燃料を抜いての再計量を命じたそうで、結果、最低重量を下回っていたそうです。
BAR側はあらためてデータを提出、スチュワードもナンバー49を発行。が、FIAはスチュワードの判定に抗議声明を発行したとか。
正式な裁定は5月4日にパリのFIA国際裁判所にてヒアリングが行われた後下されるもよう。
こうなったのには他チームの“チクリ”があったとも言われているようで(トヨタのR・シューマッハも標的になった)、ヨーロッパラウンドに入って、好調の日系チームイジメが始まったのかも。
負けるなホンダ!トヨタ!

詳細はBARホンダ公式ページにて
B.A.R・ホンダいじめはチクリから?(Nifty F1)
posted by 六条 at 17:33| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(5) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

早くも見逃し…「エンジン」

月9なんてものを見る習慣がなかったもので、早くも第2回目にして、すっかり見るのを忘れてしまいました…「エンジン」。
ご覧になった方、面白かったですかー?
posted by 六条 at 21:54| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1サンマリノGP

すごく面白いレースでした。特に、ラスト12週は、興奮しました。
と同時に、じみじみ感じることもあったのでした。

94年当時F1を見ていた人は、きっと誰しも、このサンマリノGPには特別の思いがあると思います。
おそらく一生、忘れること、消し去ることのできない思いが。
ファンである私たちがそうなのですから、きっとミハエルもそうだと思うんです。

今年、状況があの時に似ていると思いました。
あの時、偉大なるドライバーを超えようとしていたのは、まだ生意気な小僧だったミハエル、で、今、偉大なドライバーとなって、若者たちの目標となっているのが、ミハエル。
あの時、偉大なるドライバーは開幕から2戦をリタイヤしノーポイントで、若きミハエルは2連勝でサンマリノGPを迎えたのでした。
いよいよ世代交代の時がやってきたのか…、いや、そうは簡単にいかないのではないか…、誰しもさまざまな思いがあったと思います。
が、偉大なるドライバーは、若きミハエルに自らを乗り越えさせることなく、永遠に手の届かないところに逝ってしまったのでした。

今年、「皇帝」とまで言われるようになったミハエルはたった2ポイントで、若者たちの中でポストミハエルに最も近いといわれているアロンソは3連勝で、サンマリノを迎えました。
しかも、ミハエルは予選14番手(グリッドは13番手)からのスタートという、絶望的な状況で。
…なんとなくあの時のことが思い出されます。

しかし、ミハエルはやはりミハエルでした。

琢磨も大好きで、応援してます。昨年のアメリカGPの時は嬉しくて泣きました。
ホンダファンとしては、BARの復調は嬉しいし、バトンの3位、琢磨の5位を心から賞賛します。
アロンソも19歳という若さでF1デビューしたときから注目してきました。年齢に似合わぬ精神力、テクニック、クールな受け答え、ミハエルを超えるのはコイツしかいないだろうと思います。
でも、でも、驚異的な走りで3位にまでポジションアップし、バリエンテアルタで鮮やかにバトンを抜き去り、最後の最後までアロンソを追い詰め、抜こうとしていたミハエル、その走り、気迫に鳥肌が立ちました。
きっとミハエルは、あの時、目標としていたアイルトンを失ったこのサーキットでは、無様な走りはできないのだと思います。
そしてアロンソに対し、堂々と受けて立ってやろうとしているのだと思います。
こういう走りを見せてくれるから、私は、このドライバーが誰より好きなんだと、あらためて思ったGPでした。

優勝 F.アロンソ(ルノー)
2位 M.シューマッハー(フェラーリ)
3位 J.バトン(BAR)
4位 A.ブルツ(マクラーレン)
5位 佐藤琢磨(BAR)
6位 J.ビルヌーブ(ザウバー)
7位 J.トゥルーリ(トヨタ)
8位 N.ハイドフェルド(ウイリアムズ)

一瞬画面に映ったブリアトーレの笑顔が印象的でした。
自らが発掘し、育成した2人の新旧ドライバーが鎬を削る、嬉しかったんでしょうねぇ。
posted by 六条 at 18:18| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(5) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PRIDEミドル級開幕戦

土曜日の夜は約束があって帰宅したのが深夜だったため、PRIDEミドル級開幕戦はビデオで見ました。
なんといっても、楽しみにしていたのは、吉田vsシウバ戦。
くく〜っ、悔しい。吉田、またまた惜敗してしまいました。
まあね、シウバに勝つのはムリだろうなとは思っていましたが、でも、勝って欲しい!、吉田ならひょっとしたら…と思ってました。
勝つなら1Rが勝負でしょうね。1Rで勝てなかったら、やっぱり厳しいと思いますね。
あと、グラウンドになって、そこから技を決めにいけなければ…とも思います。
でもね、吉田とシウバって、お互いきっと尊敬しあってて、戦うの楽しいって思ってると思います。
試合後、抱き合うとき、どちらもすごく嬉しそうなんですもの。
シウバはいつも勝つけど、あんな笑顔あんまり見せないですよね。
だから勝っても負けても、この2人の戦いは、すごくステキなだぁと思います。悔しいには悔しいですが。
また見たいですね。
吉田も決して若くないので、いつまでやれるかわかりませんが、もうしばらく頑張ってほしいです。

近藤vsボブチャンチン戦
やっぱり負けてしまいました、近藤。PRIDEでは、なかなかいいとこ見せられないですね。やっぱりパワー不足は否めません。
でもこの場合、ヘビー級からミドル級に移って、パワーそのままにスピードを増し、なおかつスタミナもあるボブチャンチンを称えるべきでしょうね。
今シーズンのミドル級の台風の目になるかも…ですね。

桜庭vsユン・ドンシク戦
一時は、もうダメかなぁ、引退かなぁと思った桜庭。久々に、表情に自信が伺えましたが、秒殺しましたね。
柔道家はどうしても打撃戦には不利ですから、まあ、しかたないでしょう。これに懲りず、ドンシクさんにはまた出てきてもらいたいですね。だって、どれくらいの実力なのか全然わからず仕舞いでしたから。
多分、遠からず引退することになるであろうサクには、最後の花道を自らの力で飾ってもらいたいものです。頑張れサク!

中村vsランデルマン
カズは、一戦一戦強くなってきてますよね。安定感が増してきたと思います。
さすがに優勝するのはまだ難しいと思いますが、2年後、3年後が楽しみです。
吉田の分も、これからますます頑張ってほしいです。
将来、ショーグンと優勝争いとかしてほしいなぁ。
posted by 六条 at 14:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメ横にて買い物

土曜日、買い物がてらアメ横に行ってきました。
お出かけするのは久しぶり。
肉離れも、完治は近そう。普通に歩く分にはほとんど痛みを感じなくなりました。階段とかはまだちと痛いけど…。

ameyoko.jpg
携帯で、しかも撮影モードを間違って撮影…。トホホ。

アメ横は土曜日ということもあって、すごく賑わっていました。
買いに行ったのは、同居人のサイフ。
先週、いきなり小銭入れ部分のフタのスナップが壊れて閉まらなくなったとのことで、新調しようということになったのですが、誕生日も近いので、プレゼントとして私が買ってあげることにしたのでした。
アメ横にお気に入りのお店があるんですよね。
同じお店が渋谷のファイヤー通りにもあって、今まではそこに行っていたのですが、今はアメ横の方が近いので、そちらに行ったのです。
今私が普段使っているサイフ、F1観戦やスキーの時に持っていく小銭入れ、同居人が休日のお出かけに持っていくセカンドバック、デジカメにつけている皮の紐もそのお店で買ったもの。
オリジナルの皮製品がすごく安くて、デザインも我が家好みなんですよね。
アメ横、ファイヤー通りに行かれた時は、是非立ち寄ってみて下さい。
あと、神戸三宮にも出店したようなので、関西の方も是非〜。

皮小物と財布のお店 MIC

目的は財布だったんですけど、アメ横に行くとついついいらんもの買ってしまいます。
今回は、同居人はワイシャツ2枚とネクタイ3本、私は冠婚葬祭用にシェルパールのネックレスを買ってしまいました(^^ゞ
あと、人気があるのか、店の前でたくさんの人が食べていたたこやきと「アメ横焼き」なる小さなお好み焼きみたいなものを食べましたが、どちらも美味しかったです。
ちなみに、「アメ横焼き」(中田商店隣)の前には、名物甘栗オヤヂがいました(笑)
アメ横、やっぱり楽しいですね。

アメ横商店街連合会公式ホームページ ameyoko.net
posted by 六条 at 13:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

タイガー&ドラゴン(第2回)

いやー、面白かったねぇ。
「饅頭こわい」と兄貴分の結婚とどん太の落ち込みをどうまとめるんだろー?と思っていたら、ああいうオチ(下げというべきか)にするとは。
いいお話だったねぇ。
うまいねぇ、クドカン。
ホント、きっちり計算して脚本書いてるってカンジがする。スキがない。いい加減なセリフ(あってもなくてもいいようなセリフ)がない。
たぶん、2度、3度見ても飽きないんだろうなと思う。
毎週金曜が待ち遠しくなるね。
posted by 六条 at 23:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱唱オンエアバトル出場

爆笑編と熱唱編がそれぞれ毎週放送されるようになったオンエアバトル。
トリックオアトリートは、2度目のオンエアを目指します。
残念ながら前回はオンエアならずでしたが、今回その雪辱なるか!?

放送日 5月1日(日)深夜24:40〜25:09 総合テレビ

オンエアバトル公式サイト

トリックオアトリートオフィシャルサイト(携帯用)
 ※PCでもご覧になれます。
トリックオアトリート応援サイト(PC版)
トリックオアトリート応援サイト(携帯版)
posted by 六条 at 13:28| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トリックオアトリート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

あさり アサリ 浅蜊

毎年この時期になると、とあるところから三河湾の高級あさりが届きます。
なんでも、東京の高級料亭などに納入されており、我々庶民の口にはなかなか入らないものなのだそうで、年によって若干大きさに違いがあったりするのですが、スーパーなどに売っているものと比べるとはるかに粒が大きいです。もちろんお味もgood。
それが、毎年、2kgぐらいでしょうか。もちろん獲れたてのものなので、生きたままです。

今年も届きました。(THさま、ありがとうございます)
今年は、すっごく大きいのと普通のとが半々でしたが、美味しそうわーい(嬉しい顔)

asari.jpg

冷暗所においておけば3日ほどは食べられますが、できるだけ早く食べた方がおいしいですからね、今日・明日のメニューはあさりづくしです。
酒蒸し、あさりバター、ボンゴレスパ、クラムチャウダー、味噌汁…こんなとこ予定してますが、食べきれるかなぁ。
大きいのは焼きあさりとかでも食べられそうなんですが、マンションのコンロではなかなか厳しいものがありますしねぇ。
残りそうなときはあさりご飯でも炊いてみますか。
posted by 六条 at 19:17| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物・食べること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

地震対策してますか?

またまた九州北部で強い地震がありましたね。1ヵ月前の地震の余震だと言われてますが…。
九州地方のみなさまには、お見舞い申し上げます。
福岡には友人が住んでいたり、学生時代の友人の実家があったりするので、安否が気になり、すぐ連絡をとりました。幸い被害もケガもなかったようで、ほっとしました。
本当に、最近、国内外を問わず、地震が多いですね。
地球がそういう時期(活動期とでも言うのでしょうか)にあるのかもしれません。
地震国日本に住んでいる以上、どこに住んでいても地震が起こる危険がありますから、ちゃんと地震対策はしないといけませんね。
が、「地震対策何かしてる?」といろいろな友人に聞いてみると、「しなくちゃいけないよね」と言いながら、意外にみんな何もしてないんですよね。

我が家では、阪神淡路大震災で、友人宅や親戚宅が倒壊したり(幸いケガ程度でみな無事でした)、ライフラインがストップして大変な状況だったりした現実を見たり聞いたりして以来、かなり力を入れて対策してます。
何かのご参考になれば…と思い、紹介させていただきますね。

1.家具は転倒しにくい方向に置く
マンション住まいなので、家具は、転倒しにくい方向に置いています。
例えば、長方形のマンションで東西に長い場合、地震が起こると、揺れは南北に激しく生じます。ゆえに、家具は揺れにくい東西に置くと転倒しにくいわけです。
背の高い家具は、揺れにくい方向に置く、これだけでかなり被害が抑えられるそうです。

2.家具には転倒防止器具を装着する
転倒すると危険だと思われる家具類(冷蔵庫含む)には、すべて転倒防止器具(賃貸なので家具と天井の間に突っ張るタイプ)をとりつけてあります。なおかつ、ホームセンターで薄いゴムの板を買ってきて、家具の下の前の部分に挟んであります。
転倒防止器具をつけられなくて、転倒しては困るもの(PC等)には、最近話題のジェル状の板を敷いています。
転倒防止器具って、決して安くはないんですけど、お金の問題ではないですしね。
   【防災】地震家具転倒防止器具「マグニチュード7」2本組み(ML-50)     (ニック)地震から大切なものを守ろう!貼って敷くだけ耐震・防振 粘着固定マットゲルニックG...

3.寝室には危険なモノは置かない
寝ていてモノの下敷きになったり、ケガをしたりしたくないので、転倒する可能性のある背の高い家具やガラス戸の家具、鏡などは寝室には置かないようにしています。

4.非難用具の常備
いざというときに、コレもって逃げれば2日ほどはなんとかなるというものを、私と同居人の分2セット、リュックに詰めて準備しています。これは、かつて山登りをしていた同居人が山に行くときに持って行っていたようなものを基準にしています。
中に入っているものは、アウトドア用の小型のコンロ・燃料・鍋・カップ、ナイフや栓抜きなどが一体型になったアウトドア用ツール、皮製の手袋、防塵マスク、水(私の方は小さめのペットボトル)、登山用の食料(水で戻すだけ、あるいは湯煎するだけで食べられるもの)、カロリーメイト等の簡易食料、手回しで充電するラジオと懐中電灯が一体になったもの、タオル、最低限の下着、ティシュー、生理用品、現金、保険証のコピー、ビニール袋、携帯用トイレ、除菌シート、バンドエイド等の治療用品、薄型の寝袋などです。
そして、リュックとともに、ヘルメット(マウンテンバイク用)を置いてあります。
   VICTORINOX(ビクトリノックス) アドベンチャーNL     電池不要・手回し充電FMラジオライト   

5.家は大丈夫だけどライフラインがダメになったときのために
ペットボトルの水をケースで常備してます(定期的に賞味期限のチェック必要)。
最近、折りたたみ式の簡易トイレを購入しました。
   【防災】簡易トイレ・シート「サニタクリーン・簡単トイレ20枚入り」

6.避難場所等の打ち合わせ
同居人と一緒にいないときに地震が起こった場合のために、非難予定場所を決めてあります。
万が一、大きな火災が起きても安全なように、学校の校庭とか広い公園とかがいいですよね。
そうそう、非難する場合は、必ず電気のブレーカーを落とすことを忘れないようにしなければ。通電が復旧したとき、漏電等で火災が起きることがあるそうですから。

7.まだやっていないこと(今後予定していること)
食器棚にガラス飛散防止フィルムを貼ること(買ってはあるんですが、けっこう面倒そうなので、まだやっていないんですよね。やらねば。)
携帯電話の電池式充電器を買うこと(たぶん携帯は使えなくなると思うけど、使える場合のために、乾電池式の充電器と乾電池を非難用具に入れておけば安心ですよね。)
   防災用品ガラス飛散防止フィルム<防災フィルム>     電池式充電器

これらの準備が徒労に終われば、それに越したことはないと思いますが、備えあれば憂い無しです。
他にまだあるかなぁ? 何か忘れてないでしょうか?

あと、余談ですが、阪神淡路大震災で友人の家(2階建て)が倒壊したとき、1階で寝ていたお母さまが建物の下敷きになって、何時間か後に自衛隊に救出されたのですが、たまたまその日コタツで寝ていたので、コタツの高さ分の隙間ができたために軽症で済んだとのことでした。
テーブルや机の下に隠れるのは有効なようです。
我が家は、頑丈なアジア風のアンティークのテーブルを使っているので、隠れるならコレだと決めています。
でも、マンションごと倒壊したらダメダメですけどね。
まあ、その時は、潔くあきらめますが…(笑)

posted by 六条 at 19:50| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

ねこじゃら(迷子の黒猫 Maukie)

ねこ(江戸)さんのブログで知ったのですが、こーんなかわいいものがあるんですね〜。
前足を伸ばしてくるところなんか、本物みたいです。
ブログはもういろいろ載せちゃってていっぱいなので、私はちょっと飼えそうにないですが、猫好きな方、是非〜。


 ニャンコの近くでカーソルを
 動かしてみてください。
 声も出ますので、職場等ではご注意。




設置の方法等詳細は↓へ
http://purple.noblog.net/blog/c/10009314.html
posted by 六条 at 23:17| 東京 🌁| Comment(12) | TrackBack(1) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍しく日本のドラマを見る

実はあまり日本のドラマは見ません。
どうもリアリティに欠けるものが多くて、なんか恥ずかしくて笑っちゃうんですよね。
が、この4月から始まったドラマのうち、珍しく3本を見ています。
つってもそれぞれまだ第1回が終わっただけなんですけど。

まず、「恋におちたら〜僕の成功の秘密〜
ドラマは見ない見ないと言いながら、以前からツヨポンのドラマは、ちょこちょこ見てます。
彼の、ウマイのかヘタなのかわからないあの演技が妙に心地よくて、「スタアの恋」「僕と彼女の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」は見ましたねぇ。
で、「恋に〜」も見ようと思ったわけですが、もう1つ大きな要因がありますね、このドラマには。
そう、山本耕史くんです。
「新選組!」ファンのご多分にもれず?、彼にホレてしまったもので(笑)
第1回を見た感想としては、まあ、可もなく不可もなくかなぁと。
テーマは軽くないのに、ノリは軽いですねぇ。
んなわけないだろーとツッコミたくなることがいっぱいですし。ああ、ウソくさい…。
今後のツヨポン次第で、見続けられるか見続けられないかってとこです。
いくらホレた人が出てても、面白くないと耐えられない私なのです。

次は、「タイガー&ドラゴン
1月(でしたっけ?)のスペシャル?のときも思いましたが、やっぱうまいっすね、クドカン。
古典落語をモチーフにしてのストーリー展開は見事。
いつもながらどのキャラも立ってますし、ストーリーやセリフは笑えるし、じんわりくるし。
クドカン作品は、「IWGP」「GO」「木更津キャッツアイ」「ピンポン」見ましたが、中でも「IWGP」にはハマりましたねぇ。原作も読んでますが、原作とはもう別のものとして、魅力的な作品でした。
今回、クドカンは古典落語をどのように料理するのか、すごく楽しみです♪
たぶんまたハマるな、こりゃ。
でも、落語1つにつき10万円で、1回に1つずつじゃ、40回やらないとどん兵衛さん借金返せないよ(笑)

ほぼ日テレビガイドで「タイガー&ドラゴン」始まりました。(4/21追記)
タイガー&ドラゴン「三枚起請の回」
長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 塚本高史
ポニーキャニオン 2005-03-09


by G-Tools


最後は「エンジン
キ○タ○の芝居はあまり好きではないので、彼のドラマはほとんど見ないのですが、こーゆードラマができるとは、モーターレーシングファンとしては、やっぱり気になります。
どれだけレースのことが出てくるかはギモンですが…。
F1オーストラリアGPの模様が出てきましたが、一瞬映ったフェラーリのピット&走り出て行くシューマッハには喜びました。単純です。
が、ト○タさまが協力しているから、さすがにBARは映りませんでしたね。
あと、元いたチーム?の車椅子の監督、モデルはフランクか?とか、5年も海外でレースしててその英語力はないだろーとか、お願い「レーサー」って言わないで、「レーシングドライバー」って言ってとか、本筋に関係ないことが気になってしまったのでした(笑)
しかし、さすがにゲツク、「恋に〜」に比べると、しっかり作ってますね。
子供たちとの関わりに関しては先読めそうですが、レーシングドライバーとして次郎がどうなっていくのか、レース関係の方の展開には興味ありです。
サーキットやレースの場面がたくさん出てきますように。でないとリタイアしそう(^^ゞ
posted by 六条 at 19:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

無事帰国してます

「上海で反日デモ」のニュースが報道されたこともあって、同居人が上海に出張に行っていたことをご存知の方何人かから、今日、「大丈夫?」とメールや電話でお問い合わせをいただきましたので、ここでご報告しておきます。
金曜の夜に、無事帰国しております。
ご心配くださった方、ありがとうございます。
行っている間は特にそういった雰囲気もなく、夜も外出したりしていたようですし、現地の企業の方々に歓待していただき、おいしい本場の料理をたらふく食べて、ご機嫌で帰ってきました。
たった4日でさらに太った気が…。

そうそう、笑える話があったのでちょっとご紹介。
一緒に行っていた会社の人が、通訳をしてくれていた中国の女性(取引先である会社に勤めている人らしい)に、面白がって同居人のパスポートの写真を見せたらしいんです。
パスポートの写真は、10年近く前のもので、当時胆石に苦しんでいてあまり物が食べられず、すっごく痩せていたときのものなんです。(ちなみに胆石は今から8年ほど前、胆のうごと切除してます。)
写真を見た彼女、「ジョニー・デップみたいでステキ」と言ったらしい。
わはははははははわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
実際の同居人をご存知のアナタ、「んなわけ、ないだろー。その女、ジョニー・デップを知らんな。」と今思いましたね。
私もそう思いました。
ご存知ない方は想像してください。現在の同居人、ホンジャマカの石塚の目を大きくして髭を生やしたカンジです。
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

BAR&M・シューマッハのスクリーンセーバー

私の場合、PCの壁紙&スクリーンセーバーは、ずっとF1関係のものです。
壁紙は、かなり以前にカメラマンけんさわさんのサイトF速のサイトに移る前のサイト)からダウンロードしたM・シューマッハ。
スクリーンセーバーはフェラーリのサイトからダウンロードしたもの(2、3年前まで会員登録とかしなくてもダウンロードし放題だった)やフェラーリのスポンサーであるボーダフォン(以前限定でダウンロードできたもの)やオリンパスシェルのサイトからダウンロードしたものをとっかえひっかえ。
去年からは、琢磨のサイトの英語版からダウンロードしたスクリーンセーバーを使ってました。(使うって表現は正しいのか?)
が、壁紙のシューミーはカーナンバー3、いくらなんでも古いよなーになったし、琢磨のスクリーンセーバーも2004年版だったので、そろそろ変えようと思い、先日何かいいのないかと探しました。

で、見つけたのが、BARホンダのスクリーンセーバー。
シブイ、シブすぎる…。なんてカッコイイんじゃーっぴかぴか(新しい)
はい、決定。

2、3日後、シューミーのサイトにいってみる。(正確に言うとドイツのスポーツ関係のサイトのシューミーのページ…なんだと思う。)
とりあえず、壁紙をいくつかダウンロード。
2003年のだけど、黒背景にマシンのが気にいって、これに設定。
スクリーンセーバーも一応ダウンロードして見てみる。
わはははわーい(嬉しい顔)
大ウケ。
あのジャンピングガッツポーズがドーンと出てくるのですよ、コレがハートたち(複数ハート)
うーむ、BARもよいのですが、コレもいい!

ということで、両方を使うことにしました。その時の気分で変えよう。
まだご覧になってないBARファン、シューミーファンの方、必見ですよ〜。

BARHondaF1.com(日本語)
M・シューマッハのサイト(ドイツ語…だと思われ)

ところで、
posted by 六条 at 21:01| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

アクロコルドン

昨年春以来、慢性じん麻疹になってしまって定期的に皮膚科に通っているわけですが、引っ越ししてからまだ行ってなかったんですよね。前に通っていたところで薬をたくさんもらってきてたもので。
が、そろそろ薬も少なくなってきたので、今日、すぐ近くの皮膚科に行きました。
じん麻疹の方は引き続き同じ薬を飲むってことで、特別問題はなかったのですが、その時ついでに、少し前から気になっていることがあったので、診察してもらいました。
何かというと、1ヵ月くらい前でしょうか、首の後の方に、なんだかイボのようなやわらかな突起物ができていることに気がついたんです。
なんだろうなぁ? これがイボってやつかなぁ?と思いつつ、それ自体は痛くもなんともないので放置してたんですが、たまに服にひっかかったりして、そうなると痛いので、ここのところ絆創膏を貼ったりしてました。
診察の結果、アクロコルドンとかいう良性の腫瘍だそうです。
怪獣みたいな名前ですが、なんでも年をとってくるとできてくるものらしくもうやだ〜(悲しい顔)、スキン・タッグ(skin tag)、軟性線維腫とも言うらしいです。
で、「ちょっと痛いかもしれませんが、今、取っちゃいましょう」って。
えっ、えっがく〜(落胆した顔)
一瞬焦ったんですが、「のみがくったくらいの痛さだから大丈夫」って、その場であっさり、ピンセットでプチって取られました。
確かに痛くなくて、ほっ。
絆創膏を貼って終了でした。
帰ってからネットで調べてみたら、けっこうポピュラーなものみたいで、人によってはたくさんできたりするようです。
特別治療は必要ないようですが、する場合は、場所や大きさによって、麻酔をして切除したり、レーザーや液体窒素で切除・除去するらしいです。
「加齢現象の1つ」とか書かれてて…いやんですぅふらふら
太っている人の方ができやすいみたいですし。ははは。こりゃまたできるな、きっと。
今度できたら、とっとと取ってもらいに行こうっと。

参考になったHP
http://www.medicalkiss.com/ibo5.html
http://www.skincl.com/aasotakubinoibo.html
http://www2.tokai.or.jp/himawari-hifuka/page021.htm
http://www.h7.dion.ne.jp/~isd/meruhifu17.htm (私のもこんなのでした)
posted by 六条 at 21:53| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

こんな時に中国ってか

今日から金曜まで、同居人は中国へ出張。
よりによってこんな時期にねぇふらふら
行き先は上海らしいので、まあ、めったなことはないだろうが、少々心配ではあるねぇ…。
ま、心配してもしょーがないか。

ニュースで報道されているデモの様子、日本企業や大使館の建物に物を投げたりしている群集の姿、インタビューに答えて日本を糾弾する若者たちを見るに、文化大革命の頃の紅衛兵の姿を彷彿としてしまう。
反日教育は実を結んでいるのだねぇ。

戦前の日本が間違っていなかったとは言わないけど、今の日本が正しいとも言わないけど、自分たちの国のあり方は、国の教育は、本当に正しいと、正しかったと自信を持って言えるのだろか、中国人民は。
長い長い歴史があり、素晴らしい文化、学ぶべきことの多い儒教の教えをはぐくみ、私たちと同じ黒い髪・黒い瞳・黄色い肌を持ち、同じ文字を使う隣国…私は嫌いではないぞ。
世界一おいしい料理も、力強くしたたかに世界各地で生きる華僑たちも、すばらしいと思うぞ。

日本国民がかつて陥ったのと同様の穴に、中国人民が陥らないことを、たとえ陥ったとしても早くそれに気づくことを、切に願うものである。
posted by 六条 at 08:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

トリックオアトリート ライブ情報(2005年4月)

★2005年4月14日
Art Stage Birth(代官山)
 Gateway Success Project 
 OPEN18:00 START18:30
 adv:¥2000(D込み) door:¥2500(D込み)

★2005年4月17日
BAY JUNGLE(横浜関内)
 SOUND CASTLE
 OPEN16:00 START16:20(予定)
 adv:¥1800+D door:¥2000+D

★2005年4月19日
Art Stage Birth(代官山)
 Gateway Success Project 
 OPEN18:00 START18:30
 adv:¥2000(D込み) door:¥2500(D込み)
posted by 六条 at 00:50| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | トリックオアトリート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

水元公園(水元さくら堤)の桜

お天気もよくて、足の調子もよかったので、お花見がてら近くの公園に散歩に行ってきました。(写真は、クリックしていただけば、大きなサイズをご覧になれます)

まずは、「しばられ地蔵」近くの小さな公園。数本の桜が並んでいるだけなのですが、今まさに満開!で、豪勢なカンジがしました。
近くに広大な「水元公園」があり、その堤に桜並木があるので、たいていの花見客はそちらに行くようで、こちらでは一組が花見をしているだけでした。
すぐ横を幹線道路が通っているので、空気はあまりよくありませんが、桜のカンジはかなりよいですね。
hanami050409_01.jpg     hanami050409_02.jpg


次は「水元公園」を囲む「水元さくら堤」の桜。
江戸時代、8代将軍吉宗の命によって江戸川の二次堤防として築かれた「さくら土手」の桜が、昭和22年の台風による大水害で枯れてしまったのを惜しみ、昭和47年から植樹をして復活させた桜並木、なのだそうです。
吉宗関係では隅田川の桜が有名ですが、こちらもそうなんですねぇ。
多くの人が花見を楽しんでいましたが、広大な公園なので、ゆとりをもって場所を確保できるようです。
こちらは、昨日、一昨日ぐらいが一番の見頃だったのでしょう、少し散りかけていました。いたるところで桜吹雪…それはそれで風情があってよいです。(桜吹雪は写真にうまく撮れないのが残念)
hanami050409_03.jpg     hanami050409_07.jpg

hanami050409_08.jpg     hanami050409_04.jpg


公園に行く途中で菜の花畑を見つけました。こちらも今が真っ盛り。
右の写真は、バイクに乗る?イカす柴くん(笑)
hanami050409_05.jpg     hanami050409_06.jpg


例年、実は花見などはあまりしないのですが、徒歩圏内にこういうところがあるところに越したからには、やっぱり行かなくてはね。
「水元公園」は菖蒲で有名なので、6月には菖蒲を見に行こうと思います。

しばられ地蔵・水元さくら堤に関してはこちらをどうぞ
posted by 六条 at 17:25| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(2) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

ここのところのことをまとめて

ここのところちょっとブログをサボっていたので、日曜から今日までのことをまとめて…。

3日(日)
翌日からの仕事(新入社員研修のインストラクター)のため昼過ぎに名古屋へ。
事務所にて準備の後、友人夫妻がやっている居酒屋へ食事に。
(この居酒屋、居酒屋なのですが、家族で食事に来ているお客さんも多数。安くておいしいので、名古屋の方、是非行ってみてください。場所が少々不便なのですが、駐車場もあります。でも、車を運転する方は、絶対にお酒は飲まないでね。)
居酒屋ひまわり

深夜、ホテルにてF1を見る。
アロンソ強い。ミハエルにとって代わるのはコイツかな、やっぱ。
トゥルーリも強くなったね。ホンダより先にトヨタが君が代を聞かせてくれるかも。でもできればそれは琢磨&ホンダにお願いしたいのだけど…。
その琢磨、いいパフォーマンスをしていただけに、無念。バトンまでもが終盤でリタイヤとは…。しっかりしてくれBARホンダよ。
次はサンマリノ。あの時、セナを追っていたミハエルは、今、アロンソに追われる立場に。ちょっとイヤな感覚を覚える今日この頃。

今回、ホテルがハズレ。空調の音がうるさくて、なかなか眠れず。

4日(月)
新入社員研修1日目。寝不足なので、かなり眠い。
自分の出番であるロールプレイングは無事こなすものの、待機中ちょっと居眠り(汗)
研修終了後、会おうかと言っていた友人の都合が悪くなったので、デパ地下で食料を仕入れてホテルにてひとりで晩餐。
しら河」のひつまぶしと「地雷也」の天むす。
「地雷也」の天むすは、まあ、どこででも食べられるけど、久しぶりに食べたくなったもので…。
「しら河」のひつまぶしは、持ち帰り弁当のミニにしたのだけど、かなり美味しかった〜るんるん

hitsumabushi.jpg


ハズレのホテル、テレビもハズレ。BS1はキレイに映るのに、BS2はキタナイちっ(怒った顔)
ノイズだらけの画面で『ER]』を見る。ちょっと悲しい。
来年は違うホテルにしてもらおっと。

5日(火)
新入社員研修2日目。
やっぱり昨夜よく眠れなかったので、かなり眠い。
昨日同様、ロールプレイングは無事こなし、あとは居眠り寸前。なんとかもちこたえたが。
研修終了後、事務所のY女史と「矢場とん」エスカ店にて味噌かつを食す。やっぱりウマイ〜わーい(嬉しい顔)
その「矢場とん」、日曜夜に本店近くを通ったら、新しいビルになっててビックリ。行列できてたし。すごい〜。有名になったもんねぇ。

その後、やはり名古屋に出張で来ていた同居人と待ち合わせ、深夜、一緒に帰宅。疲れた・・・。

6日(水)
3日分の疲れが出て、ぐったり。
夕方買い物に出かけたら、右足のふくらはぎに痛みが…。
やばい、肉離れかも。
ソッコーで病院へ。案の定肉離れとのこと。
めったに履かないヒールの高い靴で仕事したので、筋肉が疲労していたもよう。
日頃の運動不足が祟ってますな。反省。
しばし要安静。

7日(木)
1日中、安静にして過ごす。
肉離れはあまりひどくなかったようで、1日でかなり痛みも腫れも軽減。
都内中心部では桜が満開とのこと。
花見には行けるかなー。

8日(金)
郵便局に行かねばならない用があったので、肉離れの調子をみながらゆっくり歩いてみる。
ゆっくりなら大丈夫そう。ほっ。
汗ばむほどの天気で、近くの公園や小学校の桜はまさに満開。
明日はもう少し歩いてみよう。花見がてら。

sakura.jpg

posted by 六条 at 18:22| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。