[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2005年06月29日

F1 BATON

ミシュランタイヤ使用チームがレースボイコットしたアメリカGP以降、フランスGPも同じようになるかもとか、FIAはミシュランタイヤ使用チームにペナルティを下すとか、BARはさらに厳しい状況になりそうとか、いろいろゴタゴタしているF1ですが、ファンとしてはスムーズに面白いレースが行われることを切に願っています。

さて、今日、アメリカに住むジョンさんから、「F1 BATON」なるものを受け取りました。
最近、いろんなブログでよく見かける、ファンや同好の士の間をリレー方式で回していくものですね。
せっかく私に回してくださったので、私も他のファンの方にこのバトンをつなげていきたいと思います。
このバトン、日本の方からアメリカのジョンさんに渡り、また日本に戻ってきたものなのでしょう。ちょっとカンドー。

img_457796_5908607_1.png


では、ジョンさんのブログにあった質問に私も答えてみます。
ジョンさんのブログ ascent to onePHASE

1.PCに入れているF1容量・・・ならぬ、壁紙やスクリーンセイバーに使っているF1モノは?
壁紙、スクリーンセーバーはもちろんF1モノ。愛するミハエルを毎日拝んでいます(笑)
前に一度このブログにも書いたのですが、今使っているのは、ドイツのミハエル関係のサイトからダウンロードしたものです。
過去の記事
M・シューマッハのサイト

2.今愛用しているF1グッズや、チェックしている番組・雑誌・PCサイトなど
F1グッズはいろいろ持っていますけど、最も愛用しているのは、2000年だったか2001年だったかに鈴鹿で買ったミハエルの携帯ストラップ。
あと、これもかなり前に買ったドイツ製のミハエルブランドのシャーペンとボールペン。超お気に入り。
本サイトのF1ページに使っているものなので、ブログに向かないですけど、写真一応載せときます。
micha_s.jpgpen.jpg

あ、そうそう、カレンダーは毎年フェラーリのカレンダーを使ってます。
私のPCの周辺は妙に赤い(笑)
チェックしている雑誌は、昔はいろいろ買っていましたが、今は「F速」くらい。毎号じゃないですけど。
サイトは、カメラマンけんさわさんのファンなのでF速インターネットマガジンはかかさず。
他には、AUTOSPORT WEBF1Racing.jp 2005片山右京さんのブログなどいくつかちょこちょこチェックしています。

3.最後に買ったF1グッズ
ts_rabbit.jpgTSラビット。
昨年の鈴鹿で実は買おうかどうしようか迷って買わなかったんですけど、今年になって某所から案内が来たもので、買ってしまいました(笑)
でも、買ってよかった〜。カワイイんです〜。
このブログでもウサギのブログペットを飼ってて「タクマ」と名付けてますが、こっちが本家。
(写真、ストロボ撮影したのでちょっとヘン)

5.特別な思い入れのある5人のドライバー
ミハエル・シューマッハ(デビューしたときから注目。この人の走りにはシビれます。ターミネーター系スポーツマンが好きなんですよねぇ)
佐藤琢磨(かわゆくて、カッコイイ♪ こんな息子欲しい…)
アラン・プロスト(正確無比な走りが好きでした。性格には問題ありましたが…苦笑)
中嶋 悟(やっぱ日本人ですから)
ナイジェル・マンセル(我らがマンちゃんをキライなF1ファンはいないでしょう)

6.バトンを渡す5人
F1関係でお付き合いのある人はオフラインが多いもので、とりあえず以下の方に。
状況によってお1人追加させていただきます。
鈴鹿観戦仲間である kunco=clio
ネットでお友達になり鈴鹿でもお目にかかったHANGさん
ネットでお友達になったジェンスファンのUKYOさん
よくTB&コメントをくださるDioさん
posted by 六条 at 12:41| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(3) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

PRIDE ミドル級GP(追記あり)

ううーむ。なんだか、見終わったあと、寂しい気分になってしまいました。
ミルコファン的には、勝ったことは嬉しかったけれど、本来ならヒョードル戦だったわけで、いまいちテンション上がりませんでした。
で、日本人的には、滝本vs田村の試合もイマイチだったし、中村はシウバに勝てはしないだろうと思ってはいましたが、思った以上にあっさり負けちゃったし、サクはボロボロにやられてしまったし…。
はぁ〜ぁ。
サク、大丈夫かなぁ。

※※ 追記 ※※

とりあえず、検査の結果、脳には異常がなかったそうで、少しほっとしました。
が、長期で休むようですね。
で、榊原社長はウェルター級への転向を勧めているそうです。
どうなるのか、どうするのか、サク。
でも、まずは怪我をしっかり治してほしいです。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20050628-00000000-spnavi_ot-spo.html
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

タイガー&ドラゴン 最終回

毎週金曜日を楽しみにしてましたが、ついに終わってしまいました…。
寂しいですなぁ。

最終回、ちょっと強引な大団円だったかなという気はしましたが、けっこう最後はうるうるきちゃいました。
長瀬の熱い芝居、いいですねぇ。好きだなぁ。
できれば時間延長してほしかったです。
フジのドラマの最終回は時間延長なのに、TBSはいつもと同じなんですねぇ。

スペシャルとかやってほしいですけど、「池袋ウエストゲートパーク」のスープの回「木更津キャッツアイ」の映画版(日本シリーズ)のように、なくてもよかったかなぁなものになってはイヤですしねぇ。どんなもんでしょ。
とりあえず、9月にDVD-BOXが届くのを楽しみに待ちましょっと。

タイガー&ドラゴン公式サイト

タイガー & ドラゴン DVD-BOX
B0009616XU長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 春風亭昇太

ポニーキャニオン 2005-09-07
売り上げランキング : 2
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(このエントリは6月28日に書きました)
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

恐竜博2005

同居人がやっと休日出勤の代休をとったので、是非行きたいと思っていた国立科学博物館で開催中の『恐竜博2005』に行ってきました。
実は私も同居人もけっこう恐竜好きだったりして、家にはいくつか恐竜の置物などが置いてあります。
といっても恐竜の名前や種類に詳しいってわけじゃないんですけど。
なんていうか、太古の昔、あんな生き物たちが人類よりはるかに長い間繁栄していて(恐竜1億6000万年、人類400〜500万年)、一瞬といっていい間に絶滅し、この現代に化石となって世界中から発掘されているなんて、ロマンを感じるというか、理屈抜きで感動を覚えるんですよね。
特に今回、最強の恐竜と言われたティラノサウルス・レックスの骨格、中でも1990年に最も完全に近い形で発掘されたものの所有権で裁判沙汰になったあげくオークションに出品されたことで有名な「スー」(発見者スーザン・ヘンドリクソンの名前から名付けられた)の全身複製骨格が日本で初公開されているとのことで、見たかったわけです。

kyoryu01.jpg
T・レックス「スー」


今回のテーマは、「恐竜から鳥類への進化」。
恐竜の一部が鳥類に進化した説は、1970年代に提唱され、一般にはマイケル・クライトンの『ジュラシック・パーク』によって有名になった説です。(映画ではそのあたりはあまり出てこなかったですけど)
確かに、ダチョウなんてはっきり言って恐竜ですよね。ニワトリの顔なんかも近くでじっくり見ると、容易に恐竜を想像できる気がします。
っていうか、見た目じゃなくて、骨の構造なんかに共通点があるそうなんですけどね。
恐竜の絶滅には、隕石説、進化の限界説、植物原因説など諸説ありますが、今は化石からでしかその姿を想像するしかない恐竜たちのDNAが、身近な生き物に受け継がれている…なんだか嬉しいお話です。

展示物は写真撮影OKでしたので、いくつか恐竜の複製骨格を撮ってきました。
クリックしていただけば400px×300pxの画像をご覧になれます。

(なぜかここに空間ができてしまいますぅ。原因不明)












kyoryu02.jpgkyoryu03.jpg
マジュンガトルスの全身複製骨格
(世界初公開)
時代:白亜紀後期 推定全長:6.1m

タルボサウルスの全身複製骨格
時代:白亜紀後期 推定全長:9.4m


kyoryu04.jpgkyoryu05.jpg
ティラノサウルス「スー」の
全身複製骨格
時代:白亜紀後期 推定全長:12.8m

「スー」とタルボサウルス



以下は常設展の展示物
kyoryu06.jpgkyoryu07.jpg
ティラノサウルス・レックスと
アパトサウルス・アジャックス

パキケファロサウルス
ヘルメットのような頭が特徴

kyoryu08.jpgkyoryu09.jpg
ステゴサウルス・ステノプス
なぜか昔からコレとトリケラトプスは
子供たちに人気あります

アンハングエラ・ピスカトル(翼竜)
白亜紀中頃、現在の南米あたりの
空を飛んでいたらしい

kyoryu10.jpgkyoryu11.jpg
クジラなどの海に棲む哺乳類の
先祖たち


アーケロン・イスチイロス
白亜紀後期に生息していた、
全長4.5mの最大級のカメ

kyoryu12.jpgkyoryu13.jpg
愛・地球博でも話題のマンモス



3Fに展示されている
「大地を駆ける生き物たち」
圧巻です


asahi.com 恐竜博2005公式サイト
国立科学博物館 恐竜博2005のページ

(このエントリは6月28日に書きました)
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

タイガー&ドラゴンDVD-BOX予約受付開始

タイガー & ドラゴン DVD-BOX
B0009616XU長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 春風亭昇太

ポニーキャニオン 2005-09-07
売り上げランキング : 2
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日、最終回の放映を待たずに「タイガー&ドラゴン」DVD-BOXの予約受付が始まりましたね。
早速申し込みました♪
スペシャルの「三枚起請の回」と第1回の放送を見た段階で、これは面白い!と思って、DVD-BOXは絶対買うぞと決めてました。
9月7日発売予定のようです。
価格は、22%オフの17117円。決して安くはないですけど、それだけの価値のある作品だと思います。
posted by 六条 at 11:47| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

F1アメリカGP

もう、なんとコメントしていいやら…。
私も含めて多くの日本のF1ファンは、眠いのをガマンして深夜の放送時間を待っていたと思う。
それが、あんなことになるなんて。
ましてや、高いチケット代を払ってサーキットに観戦に行ったアメリカのF1ファンの怒りはいかばかりか。
(が、気持ちはわかるが、コースに物を投げ込んでは絶対にいけない。)

今日、ミシュランユーザーチームから合同声明が発表されたが、ドライバーの身の安全を考えれば、レースボイコットは、いたしかたのない判断であったと思う。
もちろん、予選までにレースに耐えうるタイヤを供給できなかったミシュランに非があるのは確かだが、FIAには、タイヤ交換を受け入れてタイム加算などのペナルティを科すとか、何か別の選択をしてほしかったと思う。

F1にファンは必要ないのか?
レースのある週の日曜日、眠くても、次の日が仕事や学校でも、一生懸命放送を見たり、応援するドライバーやチームの順位に一喜一憂したり、すばらしい走りに胸を熱くしたり、F1雑誌やF1グッズを買ったり、サーキットに観戦に行ったり…こんなふうにF1を愛している我々ファンは、どうでもいいのか、FIAよ。

まったく、サイテーだ。

唯一のノーポイントチームとなってしまったBAR、せっかくのPPが意味のないものになってしまったヤルノ&トヨタも気の毒だったし、事情はどうあれ3位表彰台をゲットしたのにシャンパンファイトもできなかったモンテイロもすごくかわいそうだったと思う。
若貴状態?なフェラーリの2人も今後、どうなるやら。


優勝 M.シューマッハー(フェラーリ)
2位 R.バリチェロ(フェラーリ)
3位 T.モンテイロ(ジョーダン)
4位 N.カーティケヤン(ジョーダン)
5位 C.アルバース(ミナルディ)
6位 P.フリーザッハー(ミナルディ)


以下ミシュランユーザーチームの英文で発行された合同声明の翻訳
 我々ミシュランタイヤチームは、今日の結果を非常に残念に思うと同時に、全てのレース観戦客、TV視聴者、F1ファンそしてスポンサーの方々に対し、今日の決勝レースに出走できなかったことを申し訳なく思う。

 金曜日の朝にR・シューマッハに発生した事故の後、我々はミシュランから13コーナーでのスピードを落とさない限り、対応可能なタイヤはないとの通達を受けた。この条件を守らない限り、ミシュランはこれらのタイヤをレースで使用することは安全ではないと考えた。

 我々はミシュランを全面的に信頼し、彼らのアドバイスを信用しており、ミシュランが検証し、我々に提案してきたサーキットのコースレイアウトを変更しない限り、レースをできないという見解に合意した。

 ミシュランから日曜日の朝6時半に発行された資料により、ミシュランはドライバーの安全を保障できないということが明確になった。この問題の解決策を見出すべく、多くの論議が行われた。安全にレースを行うということに対する全ての可能性が検討された。唯一現実的な可能性は、13コーナー手前にシケインを設置することであった。それに加え、ミシュランチームが選手権ポイントを獲得することができない、もしくはスターティンググリッド上位に着けないという条件の下でのレース開催に、9チームが合意をした。

 残念なことに、これら全ての提案はFIAによって却下された。

 安全は全てのチームとFIAにとって常に最優先にされるものである。遺憾ながら我々チームは、ミシュランからのこのような条件下でレースはできないという要求を受け入れるしかなかった。

 我々は、アメリカがF1にとって非常に大切なマーケットであることと、F1を素晴らしく、プロフェッショナルなものとして展開して行かなければならないことを知っている。非常に悲しいことだが、今回我々はそのことを実践できなかった。

(ホンダプレスリリース)

posted by 六条 at 20:53| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(3) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

「ふんどし」はかっこいい

昔から、なぜか祭りによく遭遇します。
今日は、神田に用があったので出かけたついでに、入谷・かっぱ橋通りあたりをぶらぶらしたら(日曜なので商店街のお店はほとんどが閉まっていましたが)、2つのお祭りに遭遇しました。
1つは松が谷町あたり(?)、観光客などはほとんどいない地元の方ばかりのお祭り。
小さいお神輿が出ていて、一部では屋台などもあり、地元の方々はそれなりに盛り上がっていました。
もう1つは、かっぱ橋本通りで矢先稲荷神社例大祭の行列に遭遇。
こちらは、猿田彦らしいお面と衣装をつけた人を先頭に、お囃子の曳車(とでもいうものか?)やお神輿が続く、けっこう立派な行列でした。
カメラを持っていなかったので、写真が撮れなかったのが残念だったのですが、どちらも下町のお祭りらしく、参加している方々の威勢がよくて、お祭り装束がかっこよかったです。
何がかっこよかったかって、男衆の「ふんどし」姿。
私の田舎では、お祭りというと、氏神さまに舞を奉納したりする神事が中心なので、世話役の人たちは羽織袴だったりします。
ふんどしをつけるようなお祭りを間近で見ることはなかったため、とても新鮮に感じました。
羽織袴ももちろんステキなのですが、「ふんどし」って、なんて粋で、男らしいのだろうかと、そちらにばかり目がいってしまったのでありました(笑)
下町のお祭りっていいですね。(何が?)
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

タイガー&ドラゴン(第10回)

うえ〜ん、トラが、トラが、逮捕されちゃったよー(T△T)
でも、トラ、かっこよかったよー。
次回=最終回、どうなるのー?

気もそぞろで、感想書けない…。


タイガー&ドラゴン公式サイト

(このエントリは6月20日に書きました)
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

K-1広島大会

日本からの代表を選出する大会にボブ・サップ参戦…には、おそらく賛否両論あったと思うけど、サップがいなかったら、ものすごーくつまらない大会になってたんじゃないかと思う。
サップが格闘家といえるかどうかという議論もあるかと思うけど、個人的は、ヤツはやっぱり面白いと思う。
キックもけっこうサマになってて、やっと格闘家らしくなってきたし(笑)
それに比べて、日本人選手は、相変わらず冴えない。
スペシャルマッチで秒殺勝利したセフォーとかと比べると、全然問題外。
武蔵に続くヘビー級の選手は、まだまだ望めそうにないなぁというのが実感である。
若い堀が、今後しっかり身体を作り上げていければ、期待できるかもしれないが…。

(このエントリは6月20日に書きました)
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

F1カナダGP

バトンのPP、琢磨3列目6番手スタート…期待感いっぱいで眠いのをガマンして見た方も多かったことでしょう。ミハエルも久々にフロントロースタートでしたし。
が、ルノー2台がすっばらしいスタートを切って、バトン、ミハエルはポジションを落とし、琢磨はマシントラブルで早々にガレージイン。ああぁぁぁ。ここで寝た人も多かったかも。

今年は、タイヤ交換がないので、最後の最後まで誰が勝つか目を離せない展開になるケースが多いのですが、後半、リヤイア続出、SCも入ったり、さらに雨までぱらついて、予想以上に大荒れのレースになりましたねぇ。
てっきりリヤイアしたと思った琢磨が再コースインしたときは、次レースの予選のためにも完走してほしいと願いましたが、それもむなしい期待となりました。
ミハエルファン的には、今シーズン2度目の表彰台を見られたので、それはそれでうれしかったですが、やはりBARが、というよりはホンダが活躍してくれないと盛り上がれません。

そんな大荒れレースを制したのは、7番手スタートだったキミちゃん。前回の悔しい悔しい思いをこれで払拭できたことでしょう。さすがに嬉しそうでした。
それから、なんといってもバリチェロ、ピットスタートから3位表彰台!
タイヤにきついコースなのでレースはBSの方が有利だろうと思ってはいましたが、久々のダブル表彰台で、今シーズンいまひとつのフェラーリも復活が期待できそうです。遅いけど…。
ま、来年、ミハエル、8度目のチャンピオンとって引退…というのが私の希望なので、来シーズンに向けて、昨年のようないいマシンを作り上げていってくれればいいかな…と思ってます。すっごく勝手な言い分ですが(笑)

さて、次週アメリカGP、昨年の感動をもう1度!
お願いしますよBARホンダ。


優勝 K.ライコネン(マクラーレン)
2位 M.シューマッハー(フェラーリ)
3位 R.バリチェロ(フェラーリ)
4位 F.マッサ(ザウバー)
5位 M.ウェバー(ウイリアムズ)
6位 R.シューマッハー(トヨタ)
7位 D.クルサード(レッドブル)
8位 C.クリエン(レッドブル)
posted by 六条 at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

水元公園菖蒲まつり

お天気もよかったので、水元公園(葛飾区)の菖蒲まつりに行ってきました。
例年より今年はちょっと涼しいためか8分咲きといった感じでしたが、多くの人がハナショウブを楽しみに来ていました。

実は元々はハナショウブやカキツバタは好きな花ではなかったのですが、最近、なんとなく日本的でいいなぁと思うようになってきました。年をとってきたってことでしょうか(笑)

ハナショウブは、日本各地に自生していたアヤメ科のノハナショウブを改良して作られたそうで、江戸時代には堀切の小高園を中心にさまざまに品種改良がなされ、現在では2000種もあるとか。
系統的には、大きく分けて、この堀切を中心に発達してきた江戸系、熊本で発達した肥後系、伊勢の国(三重)を中心に発達した伊勢系の3つがあるそうです。
そういえば、三重県の県花は確かハナショウブだったような…。
また、花の形(花弁の数など)によって「三英咲き」「六英咲き」「十二単」などの呼び名があるようですし、花弁の模様も「ぼかし」「筋入り」「絞り」などの種類分けがあるようです。
名前の付け方がなんとも日本的で粋なカンジですね。

あんまりうまくない写真ですが、よろしければお楽しみくださいませ〜。
クリックしていただけば400px×300pxが開きます。

syobu01.jpg    syobu02.jpg

syobu03.jpg    syobu04.jpg

syobu05.jpg    syobu06.jpg

syobu07.jpg    syobu08.jpg

syobu09.jpg    syobu10.jpg

菖蒲まつりは、6月1日〜20日、水元公園と堀切菖蒲園で開催されています。

葛飾菖蒲まつり


菖蒲まつりの期間、公園内の特設会場で陶器祭りも開催されています。
いけないいけないと思いながら、また買ってしまいました…。
引越しのとき、かなりの食器を処分し、食器棚も1つ処分してきたのに、最近、また陶器が増えつつあります。

でも、今回は笠間に工房を持っていらっしゃる方のお店が出てて、以前笠間に行ったときにもこの方の器を気に入って買ってきたのですが、今回はまた珍しい色の器があったので、どうしても欲しくなっちゃったんですよね。
時々関東各地のデパート等で個展も開いていらっしゃるので、機会があったら是非ご覧になってみてください。

syobu11.jpg磯 秀和氏の作品

カタチと色や柄が大好きなんです。
毎日使っても飽きないんですよねぇ。

posted by 六条 at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

「近藤勇土方歳三別離の地」下総流山

今日は、「近藤勇土方歳三別離の地」下総流山に初めて行ってきました。
流山って遠いイメージがあって、なかなか足が向かなかったんですが、都内から意外に近いんですね。
お世話になっている交通文化連盟さんの稲葉式部さんにご案内していただき、その後連盟本部にもお邪魔して岩崎安房守さんにもお目にかかり、有意義で楽しいひとときを過ごさせていただきました。

詳細は、また後日に追記します。

安房守さん、式部さん、お世話になりました。ありがとうございました。

NPO法人 交通文化連盟さんのサイト
交通文化連盟さんの幕末機動警察隊・新選組(新選組ボランティア)のページ
posted by 六条 at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

タイガー&ドラゴンでおま(第9回)

わはははははは。
最後に大爆笑してしまいました。
今回は2段階でオチがありましたねぇ。

「粗忽長屋」も聞いたことがあったので、ああ、あの話かとわかったんですが、それがヤバイ状態の田辺とどういうふうに結びつくんだろ?と思いながら見てたんですが、いつものようにトラの落語で落としといて、さらに大オチとでもいえばいいのでしょうか、ああいうラストになるとは。
オープニングの組長も、どん兵衛さんの「粗忽長屋」も、田辺にメロメロになってるさゆりさん&鶴子も、お台場で歌うメグも、怒ってたくせにトラに「お前がいないとオチがつかない」と言われて態度が豹変する竜二も…みんな面白かったけど、ラストでそれらが全部ふっとぶほど、田辺、面白過ぎでした。ホンマに粗忽者ですわ。
「大奥」、コレより前でよかったですね。コレのあとに見てたら上様見るたびに吹き出したかもー。

でも、田辺って、三重出身だったのね〜(^^; 三重出身者としてはちょっとフクザツかも。メグにイメージわかないとか言われるし。
はい、いろいろあるんです、伊勢海老とか牛肉とか(笑)、あと、伊勢神宮とか赤福とか二見の夫婦岩とか真珠とか鈴鹿サーキットとか伊賀上野の忍者屋敷とか四日市ぜんそくとか松尾芭蕉とか小津安二郎とか北川正恭とか磯野キリコとか…いろいろありますんやに(三重弁)

ま、それはさておいて、なんか来週の予告も気になるカンジでしたね。
あともう残り回数もそんなにないですから、最終回に向けて目の離せない展開になりそうですね。


タイガー&ドラゴン公式サイト

posted by 六条 at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリックオアトリート ライブ情報(2005年6月)

★2005年6月12日
曼荼羅(吉祥寺)
 『熱唱ライブバトル』
 (NHK「熱唱オンエアバトル」でお馴染みのバンドが出演)
 OPEN 11:30 START 12:00
 adv:¥2000+1D door:¥2200+1D

★2005年6月29日
Art Stage Birth(代官山)
 Gateway Success Project Chang the Age〜一曲入魂〜
 OPEN 13:30 START14:00
 adv:¥2000(D込み) door:¥2500(D込み)


5月のお知らせは忘れたし、今月はメンバーから連絡が来ないので、直前になってしまった…。反省。
posted by 六条 at 20:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | トリックオアトリート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

チーム・マイナス6%&フードマイレージ・キャンペーン

先日クールビズのことを書いたら、多くのトラックバックをいただきました。
みなさん関心をお持ちなんだなぁとあらためて思ったわけですが、その中の「Think of Earth」さんというブログで拝見して初めて知った「チーム・マイナス6%」に、私も参加することにしました。

banner_square.gifチーム・マイナス6%」は、京都議定書で日本が世界に約束した「温室効果ガス排出量6%の削減」を実現することを目標とした国民的プロジェクト。
そのまんまやんけなネーミングで(^^;、いまひとつセンスがないかなとは思いますが、ま、わかりやすいですよね。

そこで提唱されているのが以下の6つのアクションです。
1.冷房は28度に設定しよう
2.(水道の)蛇口はこまめにしめよう
3.(自動車の)アイドリングをなくそう
4.エコ製品を選んで買おう
5.過剰包装を断わろう
6.コンセントをこまめに抜こう

私の場合、6以外は心がけているつもりです。
が、6については実行が難しいです。ほとんどのコンセントが家具の後ろになっているため、抜き差しができないんですよね。
もちろんドライヤーなどはその日その日使ったら必ずコンセントは抜いていますけど。

このプロジェクト、参加しても現実的に何かのメリットがあるわけではないですが、こういうのは意識の問題ですからね。
塵も積もれば山となる、是非みなさんもご参加ください。

チーム・マイナス6% 公式サイト


それから、もうひとつCO2削減のキャンペーンをご紹介しますね。
我が家がもう4年以上前から加入している宅配食材の「大地の会」が提唱している「フードマイレージ・キャンペーン」。
これは、食材の購入方法を変えることでCO2削減をしようというもの。
つまり、遠方で採れた食材は遠方であればあるほど輸送に多くの石油などが使われているので、できるだけ近くで採れたものを食べましょうということです。
国産の食材は割高になることが多いので、なかなか難しいかもしれませんが、こういう方法もあるのだと心に留めておいていただけると嬉しいです。

フードマイレージ・キャンペーン 公式サイト
posted by 六条 at 08:47| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

『子孫が語る 土方歳三』(追記あり)

4404032463子孫が語る土方歳三
土方 愛

新人物往来社 2005-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

土方さんの命日である5月11日が発行日となっている、ご子孫土方愛氏の著作『子孫が語る 土方歳三』を読みました。
読みかけの本がいっぱいベッドサイドに積んであったりするのですけど(^^;、どうしても先に読みたくて…。

ご子孫の著作ならではの、土方家に伝わっているお話や写真が満載であり、また、土方さんに対するご子孫の愛情が詰まった土方ファン必読の書です。
どれも興味深いエピソードばかりなのですが、中でも、土方さんの甥(兄喜六の長男=あの有名な熱い風呂に入れられた甥っ子さん)の土方隼人作助氏が土方さんにかかわる史料を残すことに尽力されたお話や、土方家に伝わっている「近藤勇の晒し首瓦版の写し」は近藤さんの顔がりりしい顔で描かれているお話に感動しました。
土方ファンのひとりとして、このような本を発行してくださったご子孫に感謝したいと思います。


※※ 追記 ※※

クロネコヤマトのブックサービスで注文したら3日ほどできましたよー。

クロネコヤマトのブックサービス


7&Yも早いようです。(セブンイレブンが近くにある方はオススメですよ〜)

10080バナー
posted by 六条 at 23:59| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 新選組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

PRIDE武士道

やりました、五味! 強い!
K-1及びPRIDEのファイター中で、現在、世界一といえる日本人は唯一五味だけですよね。
カッコイイよー。
完全に相手をKOして、レフェリーに止められてもまだ相手に向かって行こうとしてましたよね。キレてましたよね(笑)
でも、本気で相手を殺すくらいの気概を持っていなければ、世界一にはなれないんじゃないかと。
ヒョードルだって、シウバだってそうですものね。

夜遅くまで見ていた甲斐がありました。

他の選手の試合、悔しいものもよかったものもありましたが、五味の勝利で全部どっかいっちゃった(笑)
posted by 六条 at 03:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

柴又帝釈天 庚申の日

今年6回ある柴又帝釈天の縁日である庚申の日のうち、土日にあたるのは初庚申の2月5日(土)と6月5日(日)だけなので、同居人と、近所に住む同居人の同僚S氏とともに行ってきました。

taisyakuten01.jpg    taisyakuten02.jpg

でも目的は、お参りじゃなくて(不信心モノー)、縁日の屋台。
初庚申の日に食べてすっごくおいしかった韓国料理とベトナム料理(フォー)をもう一度食べたかったのですが、残念ながら出店していませんでした。ガックリ。
全体的に、初庚申の日ほど賑やかではなかったです。
なので、初庚申の日に出会ったおばあさまが教えてくださった食堂にて昼間っから飲んで帰ってきました。

庚申の日というのは、道教に基づくもので、古くから庚申講という集まりが行われてきたそうです。
なぜかというと、人間の頭と腹と足には三尸(さんし)の虫(彭侯子・彭常子・命児子)というものがいて、いつもその人の悪事を監視しており、庚申の日の夜寝ている間にその三尸の虫が天に登って天帝に日頃の行いを報告し、罪状によっては寿命が縮められることもあるため、三尸の虫が天に登れないように、この夜は皆で集まって神々を祀り、その後、寝ずに酒盛りなどをして夜を明かしたのだとか。
うーむ、三尸の虫というのは、イヤなヤツらですな。
仏教では、帝釈天を庚申の本尊の1つにしているところから、この日縁日となっているようです。

想像ですが、こういう民間信仰には、日頃時の為政者によって押さえつけられていた民衆のウサを晴らす目的もあったのではないかと思うので、昼間っから飲むのも、ま、間違いではないかと(笑)
でもきっと夜、三尸の虫に報告に報告されちゃたでしょうね。
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

北千住「ニューあわや(NEW AWAYA)」

(このエントリは6月7日に書きました)

買い物がてら北千住を散策。
遅めの昼食というか早めの夕食を、前から行ってみたかった「ニューあわや」で食べました。
「ニューあわや」は、『出没!アド街ック天国』などのTV番組や『散歩の達人』などの雑誌によく取り上げられているレトロな雰囲気が人気の下町の洋食屋さんです。

詳しくはこちらをどうぞ → @あだち「ニューあわや」のページ

洋食といえばコレかなぁってことで、私はオムライス、同居人はハンバーグセットを食べたのですが、う〜ん、懐かしい味♪ おいしかったです。
お料理自体ももちろんおいしいのですが、自家製のドレッシングが4種類あって、これが絶品。450円で持ち帰りができます。
中でも、フレンチドレッシングは、そのままでもおいしいのですが、いろいろアレンジが可能で、使えます。アレンジの方法をシェフがいろいろ教えてくださいました。
さらに、煮物やめんつゆなどに使える、やはり自家製の「かえし」がこれまたおいしくて、これも持ち帰り。
家で早速これを使って煮物を作ってみたら、めちゃカンタンに作れて、おいしー♪
どちらも重宝しそうです。

千住界隈に行かれる機会があったら、是非「ニューあわや」に立ち寄ってみてくださいね。

newawaya.jpg
店内はこんなカンジ。携帯で撮影なのでイマイチですが。

そうそう、シェフがこっそり教えてくださったのですが、近々またTVの取材があるそうです。
番組名等はお客さんにも絶対教えないようにと言われているそうなので、教えていただけませんでしたが、緑色のカメラのようななんだかわからないモノがキャラクターの局のようです(^^ゞ

posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

タイガー&ドラゴン(第8回)

(このエントリは6月6日に書きました)

えーっと、実は飲みに行ってて帰ってすぐ酔っ払って見てたので、記憶が曖昧な部分もあるんですが(汗)、ギンギンを助けに行ったトラ、めちゃくちゃカッコよかったですね。
私が若かったら、長瀬萌え〜なところですが、いかんせん、息子といってもおかしくない年なので、さすがにそうはなりませんが(笑)
んで、鶴瓶サンの落語家姿も嬉しかったです。久しぶりに見ました。
どん兵衛サンと組長の間には、ああいう過去があったのですねー。
(2人のコント見たら、「スジナシ」が見たくなっちゃった。DVD買おうかなー。)

今回の「出来心」とギンギンの暴走?の絡み方はわかりやすかったですが、2つのサゲとギンギン救出の絡み…そうきたかー。
エッチDVDがウラかオモテかに持ってくるとは、やられました(笑)
いやー、毎回、ホントに楽しめますね。
早く次が見たいですが、残り回が少なくなっていくことを考えると、複雑です。


タイガー&ドラゴン公式サイト


スジナシ
中部日本放送(CBC)で放送されているバラエティー番組。笑福亭鶴瓶が、毎回役者をゲストに呼んで台本無し、打ち合わせ無し、NG無しのぶっつけ本番、一発勝負のアドリブ即興ドラマを行う番組。毎月最終木曜日24:50から放送。

スジナシDVDBOX笑福亭鶴瓶 スジナシの箱
笑福亭鶴瓶

スジナシ スジナシ 笑福亭鶴瓶×妻夫木聡×宮藤官九郎 きらきらアフロ 2003 きらきらアフロ ボーナスDVD きらきらアフロ 2001

by G-Tools



posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。