[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2005年06月13日

F1カナダGP

バトンのPP、琢磨3列目6番手スタート…期待感いっぱいで眠いのをガマンして見た方も多かったことでしょう。ミハエルも久々にフロントロースタートでしたし。
が、ルノー2台がすっばらしいスタートを切って、バトン、ミハエルはポジションを落とし、琢磨はマシントラブルで早々にガレージイン。ああぁぁぁ。ここで寝た人も多かったかも。

今年は、タイヤ交換がないので、最後の最後まで誰が勝つか目を離せない展開になるケースが多いのですが、後半、リヤイア続出、SCも入ったり、さらに雨までぱらついて、予想以上に大荒れのレースになりましたねぇ。
てっきりリヤイアしたと思った琢磨が再コースインしたときは、次レースの予選のためにも完走してほしいと願いましたが、それもむなしい期待となりました。
ミハエルファン的には、今シーズン2度目の表彰台を見られたので、それはそれでうれしかったですが、やはりBARが、というよりはホンダが活躍してくれないと盛り上がれません。

そんな大荒れレースを制したのは、7番手スタートだったキミちゃん。前回の悔しい悔しい思いをこれで払拭できたことでしょう。さすがに嬉しそうでした。
それから、なんといってもバリチェロ、ピットスタートから3位表彰台!
タイヤにきついコースなのでレースはBSの方が有利だろうと思ってはいましたが、久々のダブル表彰台で、今シーズンいまひとつのフェラーリも復活が期待できそうです。遅いけど…。
ま、来年、ミハエル、8度目のチャンピオンとって引退…というのが私の希望なので、来シーズンに向けて、昨年のようないいマシンを作り上げていってくれればいいかな…と思ってます。すっごく勝手な言い分ですが(笑)

さて、次週アメリカGP、昨年の感動をもう1度!
お願いしますよBARホンダ。


優勝 K.ライコネン(マクラーレン)
2位 M.シューマッハー(フェラーリ)
3位 R.バリチェロ(フェラーリ)
4位 F.マッサ(ザウバー)
5位 M.ウェバー(ウイリアムズ)
6位 R.シューマッハー(トヨタ)
7位 D.クルサード(レッドブル)
8位 C.クリエン(レッドブル)


posted by 六条 at 23:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。