[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2005年06月19日

「ふんどし」はかっこいい

昔から、なぜか祭りによく遭遇します。
今日は、神田に用があったので出かけたついでに、入谷・かっぱ橋通りあたりをぶらぶらしたら(日曜なので商店街のお店はほとんどが閉まっていましたが)、2つのお祭りに遭遇しました。
1つは松が谷町あたり(?)、観光客などはほとんどいない地元の方ばかりのお祭り。
小さいお神輿が出ていて、一部では屋台などもあり、地元の方々はそれなりに盛り上がっていました。
もう1つは、かっぱ橋本通りで矢先稲荷神社例大祭の行列に遭遇。
こちらは、猿田彦らしいお面と衣装をつけた人を先頭に、お囃子の曳車(とでもいうものか?)やお神輿が続く、けっこう立派な行列でした。
カメラを持っていなかったので、写真が撮れなかったのが残念だったのですが、どちらも下町のお祭りらしく、参加している方々の威勢がよくて、お祭り装束がかっこよかったです。
何がかっこよかったかって、男衆の「ふんどし」姿。
私の田舎では、お祭りというと、氏神さまに舞を奉納したりする神事が中心なので、世話役の人たちは羽織袴だったりします。
ふんどしをつけるようなお祭りを間近で見ることはなかったため、とても新鮮に感じました。
羽織袴ももちろんステキなのですが、「ふんどし」って、なんて粋で、男らしいのだろうかと、そちらにばかり目がいってしまったのでありました(笑)
下町のお祭りっていいですね。(何が?)


posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。