[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2005年05月30日

タイガー&ドラゴン(第7回)

落語にくら〜い私でも、さすがに今回の「猫の皿」は知ってたぞっと。
それだけでもなんだか嬉しい。

小日向さん、いいですわ〜。大好きです。
やっぱ日本のケビン・スペイシーだ!と私は思います。風貌も似てるし(笑)
でも、今回、一番ツボだったのは高田文夫サンかな。
「スイタイ スイタイ パイオツスイタイ」
バカですね〜(爆)
イケメン3人衆のジャンプも爆笑でしたけど。

しっかし、竜二が落語をやめたのには、ああいう過去があったのですねぇ。
その竜二、『素人お笑いスカウトキャラバン』のステージで、トラに嵌められた?のを知って落語をやることを決心した瞬間の表情、すっごくよかったですね。
岡田クンってああいう芝居をするとき、ほんっとにイイ顔しますね。もちろんもともと男前ではあるんですが。
特別にファンではない私でもグッときますから、ファンの方にはきっとたまらないんでしょうね。

さて、来週、予告ではどんな話か全然わからなかったのですが(楽しみが半減するので、公式サイトのあらすじは読まない主義)、鶴瓶サンが高座に上がってましたよね。ね。
オープニングかなぁ。
たとえオープニングでも、鶴瓶サンの落語家姿?が見られるの、嬉しいです。
だって、いつから見てないだろう…ですもん。
TVではほとんどお目にかかれないですものねぇ。
またトラが「師匠」って呼んでしまうかもですね(笑)

タイガー&ドラゴン公式サイト
posted by 六条 at 14:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

タイガー&ドラゴン
Excerpt:  <タイガー&ドラゴン>といえばクドカンこと脚本家の宮藤官九郎。 この人の作品って好き嫌いが、かなり分かれると思うんだよな。自分はというと結構好きです。  今回の<タイガー&ドラゴン>は基本的に..
Weblog: つまらないブログ
Tracked: 2005-05-30 16:14

タイガー&ドラゴン 猫の皿
Excerpt: 今回の演目は「猫の皿」。 はじめて天才竜ニの落語が聞ける回でもあった。 本物の落語はよく分からないけど、ドラマでは確かに独特の落語を展開して「天才」なんだろうなぁと思った。 例えばどんべえの猫の皿では..
Weblog: うに
Tracked: 2005-05-30 16:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。