[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2005年07月16日

Reading Baton

新選組関係でお付き合いをさせていただいているGo Plain!のAki_1031さんよりReading Batonを回していただきました。
バトン、流行ですね。
では、頑張って回答してみたいと思います。


◆お気に入りのブログ
難しい質問ですねぇ。
私の場合、有名人や芸能人のブログにはあまり興味がなくて、訪問させていただいているのは、オフラインの友人やネットでお知り合いになった方のブログばかりばかりなんですよねぇ。
なので、お気に入りといえばどのブログもお気に入りなので、唯一訪問している有名人の方のブログを1つだけ挙げることにします。

片山右京 F1 Blog
言わずと知れた元F1ドライバー“カミカゼ右京”こと片山右京さんのブログ。
F1の各GPのレースレビューを書かれています。
ドライバーでいらっしゃる右京さんのレビューは、ジャーナリストの方の記事とはまたひとあじ違い、ドライバーならではの視点から書かれているので、いろいろ勉強になりますし、とても興味深いです。


◆今読んでいる本
今は本を読んでいません。ゆっくり本を読む時間がないのと、寝る前とかはどうしてもマンガとか読んじゃうもので。
でも、途中で放置しているのはたくさんあったりするので(汗)、読書を再開したらまっ先に読もうと思っている本を挙げておきます。

人間土方歳三―新選組副長秘め語り 著者:村瀬彰吾
(村瀬さん、読了してなくて、申し訳ありませんっ!)
村瀬彰吾さんのサイト


◆好きな作家
好きな作家もたくさんいて全部挙げたらキリがないので、出版されている作品のほとんどを読んでいる作家を挙げておくことにします。

マイケル・クライトン…常に最新の科学理論をとりいれたSFサスペンスはドキドキワクワク。が、もうピークは過ぎてしまったかなぁというのが正直な感想。「ジュラシック・パーク」のような会心作を再び書いてほしいものです。

京極夏彦…たまりません!あの独特の怪しの世界。時々どっぷりつかりたくなります(笑) 京極堂シリーズの次回作、早く出ないかなぁ〜。

黒川博行…陰惨な殺人事件が起ころうが、主人公が死にそうな悲惨な目に遭おうが、食えない登場人物たちのベッタベタな大阪弁の掛け合いに爆笑します。ドラマ化されたら「大阪府警」が「警視庁」になっててガックリ。

宮尾登美子…今年の大河ドラマ「義経」の原作の作者でもありますが、個人的には女性の生涯を描いた作品がドラマチックで好きです。


◆よく読み返す本
マンガならたっくさん挙げたい作品があるんですが、マンガはダメですよねぇ。やっぱり。
では、今思いつく本を挙げてみましょうか。

アンドロメダ病原体 著者:マイケル・クライトン…クライトンの初期の傑作。本当にあったことか!?と思わせるデータや画像をも使った手法が大好き。

戦国自衛隊 著者:半村 良…新バージョンでの映画化(『戦国自衛隊1549』)で原作本も品切れのようですが、私の持っているのは20数年前に買った文庫。何度も読みすぎてボロボロですぅ。関連記事はこちら

新選組風雲録全5巻 著者:広瀬仁紀…この作品の土方歳三が最も好きです。できすぎな感はありますけどね、いいんです、土方さんがステキなら(笑)。昔買った富士見時代文庫はボロボロになってしまったので、昨年復刊された文春文庫を買い直しました。

和宮様御留 著者:有吉佐和子…幕末、徳川家に降嫁した皇女和宮は替え玉だった〜もうこれだけでドキドキものですが、替え玉となった2人の少女が切なくて…。描かれている当時の宮中や大奥の風俗も興味深いです。


◆次にバトンを渡す方
Reading Batonがまだ回っていないことを確認してからお願いしたいと思いますので、後日追記いたします。
posted by 六条 at 01:19| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
六条さん、バトン受け取って下さりありがとうございました&お疲れさまでした!

よく読み返す本、私もマンガ入れたかったんですけど、
キバって普通の本にしちゃいました(笑)。
マンガでもいいみたいですよ〜(って、もう遅いです…よね?笑)

和宮ちゃんは、思いっきり「大奥」の影響で
私の中では安達祐美ちゃんなのですが、
有吉さんの小説なかなか面白そうですね〜。
トライしてみようかな。
Posted by Aki_1031 at 2005年07月19日 10:42
Akiさん、お帰りなさ〜い。
ブログでラスベガスレポ拝見しました〜。
またコメント書きにお邪魔しますね。

そうですか、マンガでもよかったんですね。
でも、コミックバトンなるものが回ってきましたので、入れなくてよかったかもです。
「和宮様御留」おススメですよ〜。
替え玉になるフキという少女が不憫なんですぅ。
昔ドラマ化されたときは、和宮を岡田奈々さん(懐かしい…)が、フキを大竹しのぶさんが演じてました。
是非是非読んでみて下さいませ。
Posted by 六条 at 2005年07月20日 18:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。