[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2004年10月20日

戦国自衛隊

自衛隊の全面協力で話題になっている映画「戦国自衛隊1549」、約2億2000万円をかけて陸上自衛隊東富士演習場内に建設された城のオープンセットが公開されたそうで、撮影の模様が昨日のワイド・ショーなどで取り上げられていました。
かつて半村良氏の「戦国自衛隊」にはまり、昭和54年の映画を何度も見た身としては、自衛隊の全面協力でのリメイク(正確にはリメイクではなく、新バージョンのようですが)は、期待してしまいます。
しかも、脚本が福井春敏氏ですしね。

「戦国自衛隊1549」公式サイト

sengokujieitai

写真は、永井豪氏のイラスト入りの文庫本。あまりに面白かったので、何度も読み、人にも貸しまくったので、ボロボロです。<角川文庫 昭和54年9月15日改訂三版 220円(安ぅ〜。今だとハルキ文庫で520円、角川文庫で380円)>
何が面白いって、自衛隊がタイムスリップした世界は現代人が知っている戦国時代とは似て非なる世界なのですが、それが自衛隊によって変化してしまうさまが、なーるほどっ!、そういうことだったのかぁ〜とオドロキなのです。うまいっ!!!と思わず唸ってしまうんですねー。
映画のリメイクで、これから読まれる方も増えるでしょうから、ネタバレにならないように、これ以上は書きませんが、とにかくニクイ展開なのです。
そして、これ読むと新潟県と富山県の県境の境川の河口辺りに行きたくなってしまいます。(でも、行ったことないんですが…)
半村作品はかなり読んでいますが、この作品が一番好きです。(「およね平吉時穴道行」というこれまたタイムスリップもので、短編なのですが、これも好き。)
中編で一気に読めてしまいますので、未読の方、是非ご一読ください。オススメです。

戦国自衛隊(角川文庫)
著者:半村 良
価格:¥380(税込)

戦国自衛隊(DVD)
監督:斉藤光正
製作:角川春樹
脚本:鎌田敏夫
出演:千葉真一 夏八木勲 中康治 渡瀬恒彦 真田広之
(1979年度作品)


マンガもあります。けっこうよかったデス。
戦国自衛隊(SEBUNコミックス)
著者:田辺 節雄  原案:半村 良
価格:¥900(税込)
posted by 六条 at 09:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

戦国自衛隊
Excerpt: 戦国自衛隊半村 良角川書店 2005-01売り上げランキング : 2,554Am
Weblog: 映画は世につれ、書は人につれ
Tracked: 2005-03-05 12:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。