[PR]超簡単・スピーディーにプロっぽいホームページを作成する方法・完全マニュアル


アクセスありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、「気まぐれ草子」は現在更新をストップしております。
ログは残しますが、当分更新予定はありません。
(リンクやMyblogListにご登録くださっている場合は、登録を外していただいてもかまいません。)

2005年06月22日

恐竜博2005

同居人がやっと休日出勤の代休をとったので、是非行きたいと思っていた国立科学博物館で開催中の『恐竜博2005』に行ってきました。
実は私も同居人もけっこう恐竜好きだったりして、家にはいくつか恐竜の置物などが置いてあります。
といっても恐竜の名前や種類に詳しいってわけじゃないんですけど。
なんていうか、太古の昔、あんな生き物たちが人類よりはるかに長い間繁栄していて(恐竜1億6000万年、人類400〜500万年)、一瞬といっていい間に絶滅し、この現代に化石となって世界中から発掘されているなんて、ロマンを感じるというか、理屈抜きで感動を覚えるんですよね。
特に今回、最強の恐竜と言われたティラノサウルス・レックスの骨格、中でも1990年に最も完全に近い形で発掘されたものの所有権で裁判沙汰になったあげくオークションに出品されたことで有名な「スー」(発見者スーザン・ヘンドリクソンの名前から名付けられた)の全身複製骨格が日本で初公開されているとのことで、見たかったわけです。

kyoryu01.jpg
T・レックス「スー」


今回のテーマは、「恐竜から鳥類への進化」。
恐竜の一部が鳥類に進化した説は、1970年代に提唱され、一般にはマイケル・クライトンの『ジュラシック・パーク』によって有名になった説です。(映画ではそのあたりはあまり出てこなかったですけど)
確かに、ダチョウなんてはっきり言って恐竜ですよね。ニワトリの顔なんかも近くでじっくり見ると、容易に恐竜を想像できる気がします。
っていうか、見た目じゃなくて、骨の構造なんかに共通点があるそうなんですけどね。
恐竜の絶滅には、隕石説、進化の限界説、植物原因説など諸説ありますが、今は化石からでしかその姿を想像するしかない恐竜たちのDNAが、身近な生き物に受け継がれている…なんだか嬉しいお話です。

展示物は写真撮影OKでしたので、いくつか恐竜の複製骨格を撮ってきました。
クリックしていただけば400px×300pxの画像をご覧になれます。

(なぜかここに空間ができてしまいますぅ。原因不明)












kyoryu02.jpgkyoryu03.jpg
マジュンガトルスの全身複製骨格
(世界初公開)
時代:白亜紀後期 推定全長:6.1m

タルボサウルスの全身複製骨格
時代:白亜紀後期 推定全長:9.4m


kyoryu04.jpgkyoryu05.jpg
ティラノサウルス「スー」の
全身複製骨格
時代:白亜紀後期 推定全長:12.8m

「スー」とタルボサウルス



以下は常設展の展示物
kyoryu06.jpgkyoryu07.jpg
ティラノサウルス・レックスと
アパトサウルス・アジャックス

パキケファロサウルス
ヘルメットのような頭が特徴

kyoryu08.jpgkyoryu09.jpg
ステゴサウルス・ステノプス
なぜか昔からコレとトリケラトプスは
子供たちに人気あります

アンハングエラ・ピスカトル(翼竜)
白亜紀中頃、現在の南米あたりの
空を飛んでいたらしい

kyoryu10.jpgkyoryu11.jpg
クジラなどの海に棲む哺乳類の
先祖たち


アーケロン・イスチイロス
白亜紀後期に生息していた、
全長4.5mの最大級のカメ

kyoryu12.jpgkyoryu13.jpg
愛・地球博でも話題のマンモス



3Fに展示されている
「大地を駆ける生き物たち」
圧巻です


asahi.com 恐竜博2005公式サイト
国立科学博物館 恐竜博2005のページ

(このエントリは6月28日に書きました)
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

タイガー&ドラゴンDVD-BOX予約受付開始

タイガー & ドラゴン DVD-BOX
B0009616XU長瀬智也 岡田准一 伊東美咲 春風亭昇太

ポニーキャニオン 2005-09-07
売り上げランキング : 2
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨日、最終回の放映を待たずに「タイガー&ドラゴン」DVD-BOXの予約受付が始まりましたね。
早速申し込みました♪
スペシャルの「三枚起請の回」と第1回の放送を見た段階で、これは面白い!と思って、DVD-BOXは絶対買うぞと決めてました。
9月7日発売予定のようです。
価格は、22%オフの17117円。決して安くはないですけど、それだけの価値のある作品だと思います。
posted by 六条 at 11:47| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

F1アメリカGP

もう、なんとコメントしていいやら…。
私も含めて多くの日本のF1ファンは、眠いのをガマンして深夜の放送時間を待っていたと思う。
それが、あんなことになるなんて。
ましてや、高いチケット代を払ってサーキットに観戦に行ったアメリカのF1ファンの怒りはいかばかりか。
(が、気持ちはわかるが、コースに物を投げ込んでは絶対にいけない。)

今日、ミシュランユーザーチームから合同声明が発表されたが、ドライバーの身の安全を考えれば、レースボイコットは、いたしかたのない判断であったと思う。
もちろん、予選までにレースに耐えうるタイヤを供給できなかったミシュランに非があるのは確かだが、FIAには、タイヤ交換を受け入れてタイム加算などのペナルティを科すとか、何か別の選択をしてほしかったと思う。

F1にファンは必要ないのか?
レースのある週の日曜日、眠くても、次の日が仕事や学校でも、一生懸命放送を見たり、応援するドライバーやチームの順位に一喜一憂したり、すばらしい走りに胸を熱くしたり、F1雑誌やF1グッズを買ったり、サーキットに観戦に行ったり…こんなふうにF1を愛している我々ファンは、どうでもいいのか、FIAよ。

まったく、サイテーだ。

唯一のノーポイントチームとなってしまったBAR、せっかくのPPが意味のないものになってしまったヤルノ&トヨタも気の毒だったし、事情はどうあれ3位表彰台をゲットしたのにシャンパンファイトもできなかったモンテイロもすごくかわいそうだったと思う。
若貴状態?なフェラーリの2人も今後、どうなるやら。


優勝 M.シューマッハー(フェラーリ)
2位 R.バリチェロ(フェラーリ)
3位 T.モンテイロ(ジョーダン)
4位 N.カーティケヤン(ジョーダン)
5位 C.アルバース(ミナルディ)
6位 P.フリーザッハー(ミナルディ)


以下ミシュランユーザーチームの英文で発行された合同声明の翻訳
 我々ミシュランタイヤチームは、今日の結果を非常に残念に思うと同時に、全てのレース観戦客、TV視聴者、F1ファンそしてスポンサーの方々に対し、今日の決勝レースに出走できなかったことを申し訳なく思う。

 金曜日の朝にR・シューマッハに発生した事故の後、我々はミシュランから13コーナーでのスピードを落とさない限り、対応可能なタイヤはないとの通達を受けた。この条件を守らない限り、ミシュランはこれらのタイヤをレースで使用することは安全ではないと考えた。

 我々はミシュランを全面的に信頼し、彼らのアドバイスを信用しており、ミシュランが検証し、我々に提案してきたサーキットのコースレイアウトを変更しない限り、レースをできないという見解に合意した。

 ミシュランから日曜日の朝6時半に発行された資料により、ミシュランはドライバーの安全を保障できないということが明確になった。この問題の解決策を見出すべく、多くの論議が行われた。安全にレースを行うということに対する全ての可能性が検討された。唯一現実的な可能性は、13コーナー手前にシケインを設置することであった。それに加え、ミシュランチームが選手権ポイントを獲得することができない、もしくはスターティンググリッド上位に着けないという条件の下でのレース開催に、9チームが合意をした。

 残念なことに、これら全ての提案はFIAによって却下された。

 安全は全てのチームとFIAにとって常に最優先にされるものである。遺憾ながら我々チームは、ミシュランからのこのような条件下でレースはできないという要求を受け入れるしかなかった。

 我々は、アメリカがF1にとって非常に大切なマーケットであることと、F1を素晴らしく、プロフェッショナルなものとして展開して行かなければならないことを知っている。非常に悲しいことだが、今回我々はそのことを実践できなかった。

(ホンダプレスリリース)

posted by 六条 at 20:53| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(3) | Formula1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

「ふんどし」はかっこいい

昔から、なぜか祭りによく遭遇します。
今日は、神田に用があったので出かけたついでに、入谷・かっぱ橋通りあたりをぶらぶらしたら(日曜なので商店街のお店はほとんどが閉まっていましたが)、2つのお祭りに遭遇しました。
1つは松が谷町あたり(?)、観光客などはほとんどいない地元の方ばかりのお祭り。
小さいお神輿が出ていて、一部では屋台などもあり、地元の方々はそれなりに盛り上がっていました。
もう1つは、かっぱ橋本通りで矢先稲荷神社例大祭の行列に遭遇。
こちらは、猿田彦らしいお面と衣装をつけた人を先頭に、お囃子の曳車(とでもいうものか?)やお神輿が続く、けっこう立派な行列でした。
カメラを持っていなかったので、写真が撮れなかったのが残念だったのですが、どちらも下町のお祭りらしく、参加している方々の威勢がよくて、お祭り装束がかっこよかったです。
何がかっこよかったかって、男衆の「ふんどし」姿。
私の田舎では、お祭りというと、氏神さまに舞を奉納したりする神事が中心なので、世話役の人たちは羽織袴だったりします。
ふんどしをつけるようなお祭りを間近で見ることはなかったため、とても新鮮に感じました。
羽織袴ももちろんステキなのですが、「ふんどし」って、なんて粋で、男らしいのだろうかと、そちらにばかり目がいってしまったのでありました(笑)
下町のお祭りっていいですね。(何が?)
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 散策・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

タイガー&ドラゴン(第10回)

うえ〜ん、トラが、トラが、逮捕されちゃったよー(T△T)
でも、トラ、かっこよかったよー。
次回=最終回、どうなるのー?

気もそぞろで、感想書けない…。


タイガー&ドラゴン公式サイト

(このエントリは6月20日に書きました)
posted by 六条 at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。